本文へスキップ

合同会社 科研E&BC バイオサイクル研究所は微生物および発酵技術の研究開発・販売業を専門とするバイオコンサルティング会社です。

TEL. 0977-72-0747

〒872-1502 大分県速見郡日出町藤原4545-1

BC細菌群について

それぞれの菌の役割

 BC細菌群は、好熱性放線菌、繊維素分解菌、光合成細菌からなり、それぞれの役割は下記の通りになっております。これら3種の菌が、その土地に本来住む菌と協力し合って、土壌・水質を改善し、自然本来の力を取り戻していきます

[好熱性放線菌]
 生育可能範囲の広い微生物です。土壌中に散布しますと抗生物質を出して悪い菌の育成を阻害し、土壌を病気の出にくい健康な状態にしていきます。
         
[繊維素分解菌]
 土壌中の残根等の繊維質をよく分解し、他の微生物のエサとしてしまい高い土改良効果があります。

[光合成細菌]
 「土のイワシ」と呼ばれ、自らが良い微生物の栄養となり、いろいろな良い菌がバランスよく増殖します。


 
 
好熱性BC細菌(好熱性放線菌・繊維素分解菌)と光合成細菌は別々に用いても高い効果が得られますが、混合して施用するとさらに高い効果が得られます。バイオサイクル研究所では、目的に合わせてこれらの混合比率を変えてBC発酵菌やBC消臭菌としています。


堆肥の製造過程の3段階におけるBC菌の役割



堆肥の製造過程には3つの段階があるといわれています。(西尾道徳ら, 1988,「有機物をどう使いこなすか」)
これら3段階とは、
@糖分解期Aセルロース分解期、そしてBリグニン分解期です。
以下にそれぞれの段階の詳しい説明を述べます。

@糖分解期:タンパク、アミノ酸の易分解物質が分解。納豆菌などのバチルス属や糸状菌が活動。高温になっていく

Aセルロース分解期:セルロースやヘミセルロースの難分解物質を分解。60℃以上。

Bリグニン分解期:セルロースの分解のピークを越え温度が下がり、堆肥の組織が黒褐色の壊れやすい性状となる。リグニンはきのこ類によって分解される。難分解物質の中間物質が多くあり、さまざまな菌が分解し死滅し土壌の有効成分になる。



(それぞれの段階のBC菌の役割とは?)

BC細菌群は、好熱性放線菌、繊維素分解菌(好熱性)、光合成菌を主要菌としており、第一段階で光合成細菌などの細菌類が、易分解性物質を分解し温度の上昇を速やかに進めます

同時に、生育可能温度が広い好熱性放線菌がヘミセルロースの分解を始めて、繊維素分解菌の分解を促進させ、
通常の第一、第二段階を同時進行で進めます

温度が60℃以上になり、
第二段階が進行している時期でも、好熱性放線菌と繊維素分解菌が活動しており、さらに第三段階でのリグニン分解を先行しています

BC細菌群は堆肥の製造過程でこのような活動を行っており、
非常にすばやく、効率的な堆肥製造を可能にしています。


BC細菌群(FAQ)*専門的な内容です

Q.BC細菌群は安全な菌なのでしょうか?

A.BC細菌群は、完熟堆肥を分離源とする好熱性細菌群と水田の土壌を分離源とする光合成細菌を混合したものです。
 完熟堆肥を分離源とするBC好熱性細菌群は、分離培養温度が60℃で行うため好熱性細菌以外の細菌が混合することはなく、好熱性細菌で病原性の細菌は報告されていません。
 光合成細菌は、有機農法を行っている土壌中に一般的に認められる細菌で、農業資材として市販されているものもあります。BC光合成細菌は、完熟堆肥を長年使用している水田の土壌から分離培養したもので、主に紅色非硫黄細菌の集積混合培養物です。
 BC好熱性細菌群とBC光合成細菌の混合物については、日本食品分析センターで、「マウスを用いた急性経口毒性試験」(第499070107-002号)と「ウサギを用いた皮膚一次刺激性試験」(第499070107-001号)を行って、いずれも問題は認められませんでした。これらのことから、BC細菌群は使用用途においては安全であると言えます。

Q.稲作後や前作の残渣を鋤き込む場合、BC菌を使って分解を速やかに進められるとの事ですが、10e当たりどのくらい散布すればよいでしょうか?散布方法等、注意事項があれば教えて下さい

A.BC菌の繊維素分解菌は土壌中でも植物の残渣繊維質をよく分解します。10アール当たりの使用量ですが、BC菌を1リットル散布して耕運してください。実施例としては、トマト残渣を田に鋤き込む時にBC菌を散布すると3週間で残渣が完全に分解されます。BC菌を散布しないと残渣は、3か月以上残っていました。

Q.溶液栽培の連作障害をBC菌を使って緩和したいのですが、散布方法と期待される効果を教えて下さい

A.溶液栽培には、週に1回溶液タンクに500倍希釈になるように添加します。BC菌群の施用効果として、植物生理的には生殖生長の促進、果実の着色効果、根群の生長効果があります。微生物的には根圏微生物相の正常化による病害の抑制効果があります。特に、好熱性細菌の施用により、好熱性細菌の生産する生理活性物質の効果で静菌効果が期待できます

Q.市販の肥料との併用は出来ますか?

A.化成肥料との併用も可能です。化成肥料も有機質(鶏糞、油粕、米糠など)に混ぜて発酵させるといい発酵肥料になります

Q.長年作付している耕作地で使用する場合の注意点があれば。

A.最初に散布するときに耕作地の菌叢をBC菌の菌叢に変えるため1か月毎週1回、10e当たり菌原液1リットルを希釈して、BC菌を散布してください。耕作地の菌叢を変化させると同時に耕作地の残存有機物を分解します。

Q.気温の低い高地ですが、堆肥作りに利用できますか?

A.BC菌のルーツは、先代が卒業した盛岡高等農林です。東北の気候で堆肥発酵を促進させる菌の研究がベースとなっていますので、寒冷地での堆肥発酵に効果があります。古い話ですがシベリアでも堆肥発酵に効果がありました

      



バナースペース


リンク集 

はかた本舗
亀井ランチ
吉井菌学研究所
株式会社ジ―プラント
株式会社オールライフサービス


   

バイオサイクル研究所関連商品紹介 






有機肥料の資材



三重県産もみがら 約20...

三重県産もみがら 約20...
価格:712円(税込、送料別)





合同会社 科研E&BC バイオサイクル研究所 

〒872-1502
大分県速見郡日出町藤原4545-1

TEL 0977-72-0747
FAX 0977-72-0747