歯周病の色々な原因
歯周病の原因はプラーク(歯垢中の細菌および代謝産物)ですが
そのほかにどのようなものがあげられるでしょうか。

1.喫煙
長期間の喫煙は、歯やその周囲にタバコの成分であるタールなど
の汚れを付着させます。歯、舌、歯肉がタールで黒くなることはも
ちろん、ヤニがつくと歯の表面がザラつき、歯周病の原因であるプ
ラークをつきやすくするのです。

またタバコに含まれるニコチンなどの物質は、血液循環障害を引き
起こし、歯肉への酸素供給量を少なくするといわれています。

これによって、歯肉を栄養失調に陥らせたり、歯肉中の細菌を殺す
白血球の機能を著しく低下させ、その結果として、免疫機能を低く
してしまうのです。そのことが、歯肉の傷や治療を受けた場所の治
りを悪くさせ、歯周病の原因となってしまうのです。

2.ストレス
精神的なストレスによって、中枢神経が影響を受け、生活習慣を変
化させ、歯周病を悪化させることがあります。ストレスによる、くい
しばりや歯ぎしりも歯周病を悪化させます。

3.薬服用の長期化
抗てんかん薬(フェニトニン)、免疫抑制剤(シクロスポインA)、降圧
剤(ニフェジビン)などの薬の長期服用で、歯肉の腫れを引き起こす
ことがあります。

4.性ホルモンの不調和
思春期や妊娠時、更年期など、性ホルモンのバランスが崩れる時期
に、歯肉の炎症を引き起こしたり、悪化させることがあります。

5.食習慣
砂糖や、加工食品等のやわらかい食べ物が多く、野菜の摂取が少な
くて咀嚼をよくしない場合に、プラークがつきやすくなり、歯ぐきの腫
れを引き起こし、出血しやすくなる可能性があります。

6.その他
*口呼吸*かみ合わせの不調和*糖尿病  等があげられます。



かずの歯科・小児歯科/ TOP/サイトマップ/先生に質問
〒870−0029 大分県大分市高砂町4-1 数野歯科・小児歯科
сtリーダイヤル0120-121261 TEL097-536-5415  FAX097-533-8353