家庭教師な広場
ホーム
第四章:発音
 面白い発音
 最後に
章の初めにも書いたが、英語の発音はローマ字読みと違う場合が多いので、英語習い始めの方に対してハードルを下げる為に、敢えて、カタカナも書きます。 

また、発音は1種類だけでなく、国や地域の違いで複数ある場合も多い。 なので、個別の詳しい発音は、辞書等で確認して下さい。 

1)単母音の発音 
 単母音の場合で、ローマ字読みのままで発音出来るって事はそうは無い。 そうなれば、皆さん、発音で苦労しないですね。
 pat「パットゥ」, pit「ピットゥ」, put「プットゥ」, pet「ペットゥ」, pot「ポットゥ」がその代表格です。 
 最初の子音と、「a,i,u,e,o」を、
ローマ字読みの「アイウエオ」と結び付けるだけで発音出来る少ない例です。

 でも、cat「キャットゥ」, cut,「カットゥ」は「アイウエオ」読みとは違う。 残念ながら、実際には、こっちの方が多い。

 a) 「(子音)+単母音+単子音」の発音 
  ここで一番覚えて欲しいのは、
「(子音)+単母音+単子音」の場合、母音は短く発音するが、最後に母音が続く場合は、
  長母音「エイ、アイ、ュー、イー、オウ」で発音する
のが主であると言う事。 

 主な母音の発音
発音 短母音   長母音
読み ローマ字 英語   英語
a ア[a、ɑ]
ア[æ] エイ[ei]
i イ[i] イ[i] アイ[ai]
u ウ[u] ア[ə、ʌ] ュー[juː]
e [e] エ[ɛ] イー[iː]
o オ[o] ア[ɑ、ɔ、ʌ] オウ[ou]

  <例>                           
単語 発音記号 カタカナ読み 主な意味   単語 発音記号 カタカナ読み 主な意味
at ət アットゥ ~で、に ate éit エイトゥ eatの過去形
bat bǽt バットゥ バット bate béit ベイトゥ 和らげる
can kǽn キャン 出来る cane kéin ケイン
at fǽt ファットゥ 脂肪 fate féit フェイトゥ 運命
hat hǽt ハットゥ 帽子 hate héit ヘイトゥ 嫌う
mat mǽt マットゥ 敷物 mate méit メイトゥ 連れ合い
pat pǽt パットゥ 軽く叩く pate péit ペイトゥ
bit bít ビットゥ 僅か bite báit バイトゥ 噛む
nit nít ニットゥ 寄生虫の卵 nite náit ナイトゥ nightと同じ
grip gríp グリップ しっかり掴む gripe gráip グライプ 不平を言う
sit sít シットゥ 座る site sáit サイトゥ 位置
cut kʌ't カットゥ 切る cute kjúːt キュートゥ 可憐な
us əs/ʌ's アス 私達に use júːz ユーズ 使う
pet pét ペットゥ ペット Peter píːtər ピーター ピーター
et sét セットゥ 固定する eta síːtə シータ 剛毛
lot lɑ't/ lɔ't ロットゥ 一組 lotus lóus ロウタス
not nɑ't/nɔ't ノットゥ ではない note nóut ノウトゥ ノート

  <例外>
    -
have [hǽv] 「ハェブ」  ← 「ヘイブ」ではない
    -
one [wʌ'n] 「ワン」   ← 「オウン」ではない
    -
woman [wúmən] 「ウマンとその複数形の women [wímin] 「ウィミン」は共に、「子音+単母音+単子音+
     母音」の順であるが、単母音は、短母音で発音する。 しかも、women は本来の発音とはかなり違っている。 
     なので、試験に出易いですね!

  3)-a)に説明する様にə
曖昧母音と言って、「ア、イ、ウ、エ、オ」のどの音にも聞こえる様に発音するので、よく
  現れる。

 b) 「(子音)+単母音+複子音」の発音 
  基本的には、母音の後に子音が2つ以上続く場合、a)に示す
短母音発音ですが、例外も多いので、注意を要する。 
  表の右側には比較の為に、「(子音)+単母音+単子音+母音」で単母音を長母音で発音する例を示す。  


  <例> 
単語 発音
記号
カタカナ
読み
主な意味   単語 発音
記号
カタカナ
読み
主な意味
apple ǽpl アプル リンゴ ape éip エイプ 類人猿
latter lǽtər ラター lateの比較級:
順番が遅い
later léitər レイター lateの比較級:
時間が遅い
last lǽst ラストゥ lateの最上級:
最後の
latest léitist レイティストゥ lateの最上級:
最新の
different dífərənt ディファレントゥ 違う dice dáis ダイス サイコロ
dinner dínər ディナー 夕食 diner dáinər ダイナー 食堂車
mitt mít ミットゥ 指無し手袋 mite máit マイトゥ
sister sístər シスター 姉、妹 size sáiz サイズ 大きさ
doctor dɔ'ktər ドクター 医者、博士 dose dóus ドウス 服用量 
clock klɔ'k クロック 置時計 close klóuz クロウズ  閉じる
mother mʌ'ðər マザー motor móutər モウター モーター
brother brʌ'ðər ブラザー 兄、弟 broke bróuk ブロウク breakの過去形
wolf wúlf ウルフ woke wóuk ウォウク wakeの過去形
stuff stʌ'f スタッフ 材料 student stjúːdnt スチューデントゥ 学生

  <例外>
    -
night [náit] 「ナイトゥ」:niteと同義語なので、長母音で発音。 この他、light, right, slight がある。
    -
father [fɑ'ːðər]「ファーザー」:何故か、伸ばして発音する。
    - c
hild [tʃáild] 「チャイルドゥ」は母音の後に子音が2つあるが、長母音で発音する。 一方、その複数形である
     c
hildren は ren より前は同じ綴りでもルール通りに
[tʃíldrən]「チルドゥレン」と短母音で発音する。

  ここで賢い方はお気付きかと思いますが、「単母音+単子音」にingを付ける場合に絡んでいる。
  
例えば、batting 「打撃」は bat に t を重ねて ing ですが、bating 「噛む」は bate の e を省いて、ingを付ける。  
  なので、

    
battingバッティング」  bating「ベイティング」   

  即ち、ing を付ける場合に子音で重ねるのは、短母音で発音させて、bate と区別する為です。  
  同じ事は latter と later で言えます。 同じ late の比較級なのに、t が1つか2つの違いで意味も若干違う。
  late の最上級の last と latest も面白いですね。 

 単語の途中で、単母音が出て来た時、どう読んだらいいか迷いますよね。 a)、b)の規則を思い出せば、殆どの場合、
 読める筈です。

2)二重母音の発音 
  二重母音の発音は、夫々の母音の組み合わせと思い勝ちですが、意外にそうでない。

 a) au、aw、ou、ow 
  二重母音の代表的なものが、au と ou である。 
前者がː]「オー」で、後者が[au]「アウ」となり、ローマ字読みと
  真逆
であるので、注意を要する。 でも、何で逆なのって、ローマ字を勉強した中学生は思いますね!
  aw、ow も au、ou と同じ発音をする場合が多い。 だが、owは[ou]と発音する事もあるので、表の最後に併記する。

  <例> 
単語 発音記号 カタカナ読み 主な意味   単語 発音記号 カタカナ読み 主な意味
au ɔː オー ou  au アウ -
August ɔ'ːgəst オーガスト 8月   ough áu アウチ あいたっ
auto ɔ'ːtou オートウ 車の out áut アウトゥ 外へ
bauld bɔ'ːk ボーク 妨害 bound báund バウンドゥ 跳ねる
faul fɔ'ːlt フォールトゥ 過失 foul fául ファウル 反則の
haul hɔ'ːl ホール 引っ張る house háus ハウス
laud lɔ'ːd ロードゥ 褒め称える loud láud ラウドゥ 大声の
Paul pɔ'ːl ポール 人名:ポール pouch páu パウチ ポーチ
sauce sɔ'ːs ソース ソース south sáuθ サウス
taught tɔ'ːt トートゥ teachの過去、
過去分詞
trout tráut タラウトゥ

単語 発音
記号
カタカナ
読み
主な
意味
  単語 発音
記号
カタカナ
読み
主な
意味
  単語 発音
記号
カタカナ
読み
主な
意味
aw ɔː オー おいっ ow áu アウ  あいたっ  owe óu オウ 負う
awl ɔ'ːl オール ow ául アウル フクロウ own óun オウン 自分自身の
awful ɔ'ːfəl オーフル 恐ろしい                            
fawn fɔ'ːn フォーン 小鹿 fowl fául ファウル 家禽              
law lɔ'ː ロー 法律         low lóu ロウ 低い
haw hɔ'ː ホー サンザシ how háu ハウ どうやって show ʃóu ショウ 示す
paw pɔ'ː ホー 獣の足 power páuər パウアー              
saw sɔ'ː ソー seeの過去、鋸         sow sóu ソウ 種を
まく
taw tɔ'ː トー なめす tower táuər タウアー tow  tóu トー 牽引

  
<例外>
   
- double
2倍の」は [dʌ'bl ] 「ダブル」、touch 「触る」は [tʌ'] 「タッチ」と発音する。
    - bought 「buyの過去、過去分詞」は [
bɔ'ːt] 「ボートゥ」と発音する。
   これらは重要な単語なので、是非、発音をしっかり覚えて下さい。

 b) oo、oa 
  両方共に、「オー」と発音しそうですが、違います。 
oo は「ウ」と「ウー」の2つの発音があり、oa は「オウ」と発音する。

  <例>
単語 発音
記号
カタカナ
読み
主な
意味
  単語 発音
記号
カタカナ
読み
主な
意味
  単語 発音
記号
カタカナ
読み
主な
意味
oo u oo ウー oa ou オウ
          oops úːps ウープス おっと oat óut オウトゥ オート
ムギ
book búk ブック boots búːts ブーツ 長靴 boat bóut ボウトゥ ボート
cook kúk クック 料理する coot kúːt クートゥ クロガモ coat kóut コウトゥ コート
          fool fúːl フール ばか者 foal fóul フォウル 馬の子
good gúd グッドゥ 良い goose gúːs グース ガチョウ goal góul ゴウル ゴール
look lúk ルック 見る loop lúːp ループ oad lóud ロウドゥ 積荷
stood stúd ストゥッドゥ standの
過去形
stool stúːl スツール 腰掛 soak sóuk ソウク 浸る
wood wúd ウッドゥ 木材 wool wúːl ウール 羊毛          

   boat、coat、goal は良く耳にするが、発音が「ボート」、「コート」、「ゴール」でないことに注意!
   laud、loud、loadの発音はローマ字読みとはかなり違う。 間違い易いので、意味と共に覚えましょう!  

 c) ee、ea、ie 
  どれも、
[] 「イー」と発音するが、使い分けのルールは解らない。  但し、後に r が続く場合(3)-b))は違う発音に
  なるので、注意する様に。
  d)に示す様に ie で終わる時は「アイ」と発音するが、途中にある場合は
「イー」と発音する。

  <例> 
単語 発音
記号
カタカナ
読み
主な
意味
   単語 発音
記号
カタカナ
読み
主な
意味
  単語 発音
記号
カタカナ
読み
主な
意味
ee iː イー - ea iː イー - ie iː イー -
eel iːl イール うなぎ eat iːt イートゥ 食べる              
beetle biːtl ビートル 甲虫 beat biːt ビートゥ 殴打              
feet fíːt フィートゥ footの複数形 feat fíːt フィートゥ 偉業 field fíːld フィートゥ
meek míːk ミーク 温和な mean míːn ミーン 意味する mien míːn ミーン 物腰
meet míːt ミートゥ 会う meat míːt ミートゥ             
see síː シー 見る sea síː シー              
sheep ʃíːp シィープ sheaf ʃíːf シィーフ shield ʃíːld シィールドゥ
sheet ʃíːt シィートゥ 敷物 seat síːt シートゥ 座席              
          yean jíːn イーン 子を産む yield jíːld イールドゥ 産出する

 d) ai、ay、ie 
  最初の2つは、「アイ」と発音しそうですが、
[ei] 「エイ」と発音し、ie はこれで終わる(後に文字が続かない)場合に
  [ai] 「アイ」
と発音する。 y は母音ではないが、i と同等に使われる場合があるので、紹介する。

  <例> 
単語 発音記号 カタカナ
読み
主な
意味
  単語 発音記号 カタカナ
読み
主な
意味
   単語 発音
記号
カタカナ
読み
主な
意味
ai ei エイ - ay ei エイ - ie ai アイ -
          day déi デイ die dái ダイ 死ぬ
gain géin ゲイン 手に入れる gay géi ゲイ 同性
愛者
             
laid léid レイドゥ layの過去、
過去分詞
lay léi レイ 横たえる          
lain léin レイン lieの過去
分詞
lay léi レイ lieの
過去
lie lái ライ 嘘を
つく
paid péid ペイドゥ payの過去、
過去分詞
pay péi ペイ 払う pie pái パイ パイ

  <例外>
   
- say「言う」は、このルール([séi]「セイ」)ですが、その過去、過去分詞の said 何故か [séd]「セドゥ」と発音
     する。 頻繁に出て来る単語なので、知らない方は居ないと思いますが、初級発音問題に出ます。

 e) eu、ew 
  どちらも
[juː] 「ューと発音する。 w は母音ではないが、u と同等に使われる場合があるので、紹介する。
  但し、後に文字が続く場合、
[ː]と伸ばさない場合が多い。

  <例> 
単語 発音記号 カタカナ読み 主な意味   単語 発音記号 カタカナ読み 主な意味
eu juː ュー ew juː ュー
deuce djúːs デュース テニスのジュース dew djúː デュー
feudal fjúːdl ヒューダル 封建時代の few fjúː フュー 少ない
          Jew júː ジュー ユダヤ人の
          mew mjúː ミュー ニャー
neural nrəl ニュラル 神経の new nː ニュー 新しい

  <例外>
    - sew 「縫う」は、[sóu] 「ソウ」と発音。 
    - rew~(reward etc)は、re + w~ の形を取っているので、「リ~」と発音するので、注意。

   due 「~する筈だ」は、e と u が逆ですが、[djúː] 「デュー」と発音する。 これは、aero [éərou] 「エアロウ」
   が母音の順を逆にして読むのに似てる。

3「母音+r」の発音 
 母音の後に r が続く場合の発音、
ローマ字読みを大きく裏切る局面に出くわすので、同じものをまとめて覚えましょう! 
 r があるので、巻き舌になる事を忘れないで下さい。 但し、カタカナでは表記し辛いので、お許しを。

 a) 「アー」と発音する組み合わせ 
  
「アー」と言っても、2つあり、ここでは、発音記号で分類する必要がある。 [əːr][aːr]あるが、まずə a 区別
  する必要がある。 発音でしか区別出来ない。 
  ə
曖昧母音と呼ばれ、
[æ, i, u/ʌ, e, ɔ]のどの音にも聞こえる様に、曖昧に弱く発音する。 一方、a 大きな口を
  開けて
、「ア」と発音します。 アクセントの来ない母音は ə と書かれる事が殆どである。
  また、最後に[r]があるので、最後に舌を縮めて、「アー」と発音するのが正しいが、ここでは「アー」と表記する

単語 発音
記号
カタカナ
読み
主な意味   単語 発音
記号
カタカナ
読み
主な意味
a以外+r ːr アー - are aːr アー 複数形および二人称単数直説法現在形
bird bə'ːrd ードゥ bar ba'ːr バー 横棒
fur fə'ːr ファー 毛皮 far fa'ːr ファー 遠くに
further fə'ːrðər ファーザー farの比較級:尚一層 farther fa'ːrðər ファーザー farの比較級:もっと遠くに
heard hə'ːrd ードゥ hearの過去、
過去分詞
ard ha'ːrd ハードゥ 堅い
hurt hə'ːrt ートゥ 傷つける ar ha'ːrt ハートゥ 牡鹿
her hə'ːr 彼女を、に heart ha'ːrt ハートゥ 心臓
jerk ə'ːrk ジャーク 急に引く jar a'ːr ジャー
merchant mə'ːrtʃənt  ーチャントゥ 品物、製品 mark ma'ːrk マーク
perk pə'ːrk ーク 元気に振舞う park pa'ːrk パーク 公園
occur əkə'ːr オカ 起こる car ka'ːr カー 自動車
surplus sə'ːrplʌs ープラス 残り sardine   sa'ːrdíːn サーディーン いわし
Thursday θə'ːrzdei ーズデイ 木曜日 tar   ta'ːr ター タール

   違いが解りますよね。 右の
[aːr] は、heart 以外、arです。 逆に言えば、ar 及び heart 以外は [əːr]と発音する。
   heart は heard は
t、d が違うだけなのに、「アー」の発音が違う。 heart は「心、心臓」なので、大きく口を開いて発音
   と覚えましょう。 
   b)にある様に、earは、本来
[r]「イア」と発音する。 heard は hear [hiər]「ヒア」の過去形、過去分詞形なので、
   「ヒアードゥ」と発音しそうだが、違う。 
   
heart と hart は同じ発音だが、heard と hard は違う。 
   hart、hurt、hard、heard、heartの発音は紛らわしいので、丸暗記しましょう! 試験に出ますよ、きっと。
   
   また、同じ er でも [əːr] と伸ばさず、
短く [ər] と発音する場合も多い
     moth
er, father, borther, sister, September, October, November, December, surprise、、、

  以下の表の中で、
白反転文字は、母音の発音が違い、紛らわしいものを、比較の為に、載せている。 
  意味は書いていません。 自分で調べて下さい。

 b) 「イア」と発音する組み合わせ 
  「イア」の発音記号は
[r] で、綴りは2種類である。

ear ear dear fear gear hear near pear rear sear tear year
イア ディア フィア ギア ヒア ニア ペア リア シア ティア イア
ier      fierce       pierce     tier  
    ヒアス       ピアス     ティア  

  殆ど、「イア」であるが、d)「エア」の bear(熊、耐える)、pear(洋ナシ)が違う発音の代表例である。 

 c) 「ウア」と発音する組み合わせ 
  「ウア」の発音記号は
[r] で、綴りは2種類ある。

ure cure   lure pure sure    
キュア   ルア ピュア シュア    
our   dour   pour sour tour your
  ドゥア   ポーァ サウア ツア ユア

  our の発音は、これら dour ~ your 以外、e)の「オー」、g)の 「アウア」、と3つあるので、「同じ発音はどれ?」の問題で
  よく出題される。
  sour は、g)の「アウア」に分類される。

 d) 「エア」と発音する組み合わせ 
  「エア」の発音記号は
[ɛər]で、綴りは3種類です。

are are bare care dare fare hare   mare pare rare tare ware yare share stare
アー ベア ケア デア フェア ヘア   メア ペア  レア  テア ウェア イエア シェア  ステア
ear ear bear dear fear hear learn   pear rear tear wear year shear  
イア ベア ディア フィア ヒア ラーン   ペア リア ティア ウェア イア シィア  
air air     dairy fair hair lair   pair           stair
エア     デアリィ フェア へア レア   ペア           ステア

  b)の ear と同じ綴りで、「エア」と読む事に注意!  表から判る様に、「エア」となるのは少ない。
  bear と bare、 fare と fair、 hare と hair、pare と pear と pair、 wear と ware、 stare と stair が同じ発音であるので、
  一緒に覚えましょう。

 e) 「オー」と発音する組み合わせ 
  「オー」の発音記号は
[ɔːr][ɔː]2つあり、前者の綴りは2種類ある。 後者は、2)-a)以外に、特徴的な綴りとして all
  がある。 「母音+r」ではないが、l を r と同じ様に使う事があるので、比較の為に挙げる。

 ɔːr  or born cor for mourning pork sort torch
 オーァ ボーン コーァ フォーァ モーニング ポーク  ソートゥ トーチ  
our   course four mourn pou sour tour     
アウア    コース フォーァ モーン ポーァ  サウア ツア    
 ɔː  all  ball  call  fall  mall  pall    tall  wall  small
 オール  ボール  コール  フォール  モール  ポール    トール  ウォール  スモール

  all は「アル」、our は「オウ」と発音しそうだが、違います。 
  or は前後の単語と連続で読んで、[ɔr、ər;]「オーァ、アー」と、短く発音する事もあるので、注意して下さい。 
  3)-a)と共に、同じ発音はどれでしょうか?と言う問題に最適な発音なので、夫々覚えるしかないですね。 

 f) 「アイア」と発音する組み合わせ 
  「アイアの発音記号は[ar]で、綴りは2種類です。


ire dire fire hire   mire sire tire wire
ダイア ファイア ハイア   マイア サイア タイア ワイア
iar diary     liar        
ダイアリィ     ライア        

 g) 「アウア」と発音する組み合わせ 
  「アウアの発音記号は[ar]で、綴りは2種類です。

our our hour pour  sour tour  
アウア  アウア ポーァ サウア ツア   
ower   bower  power sower tower shower
  バウア パウア ソウアー タウア シャウア

  all の a は「オ」と発音するのに、our の o は、この他に、c)で「ウ」、e)で「オ」と三種類の発音がある事か判る。 
  面白いと言うか、不思議な感じですね。 まぁ、漢字でも音読み訓読みと複数有るが。

同じ綴りでも子音と組み合わされると、違った発音になる事もあるので、グループ分けして、一緒に覚えましょう。

否、発音は実にややこしい。 なので、書きたくなかったが、これ程
ややこしい中にも法則を見付けたので、皆さんが暗記し易い様に書きました。