家庭教師な広場
ホーム
第一章:五文型
 第一文型
 第二文型
 第三文型
 第四文型
 第五文型
 命令文
 付加疑問文
 倒置構文
倒置構文とは、強調構文「it 〜 that」 を使わずに、本来の文型での語順を逸脱し、強調して表現する手法です。 
日本語で、「超かわいい犬を、私見たの!」とか「そう、私も!」とか言う表現で、思わず、言いたい事を先に言ってしまう事ってあるでしょう。 それが、倒置です。 日本語は、文型がはっきりしてないので、意識しないで、使いますが、英語では文型を崩すので、説明しときます。

1) 単文の強調 
 1つの文の中で、強調する型式。 it 〜 that の強調構文の様に、何でも強調出来る訳ではありません。 また、
 
倒置する語、句、節の種類や否定、強調を表す語の有無で、後の語順が変わるので、実にややこしい。 
 おおよそ、4パターンに分けられる。  

 a) 否定や強調する語がある文での目的語、副詞(句、節)を倒置 
  日本語でも、普通、強調する場合、否定文の場合が多いでしょう。 「見たこと無い」とか「そんな事知らな
  かった」とか、否定文で強調しますよね。 その表現ですよ。
 <作り方>
  1.
まず、否定、強調を表す語が文頭に来る。 don't 等も、do と not が分かれて、not が文頭に移動する
    ので、注意! なんのこっちゃ判らん? 否定、強調は最初に言っておかないといけないと覚えて下さい。
  2.次に
倒置し、強調したい語、句、節を文頭に移動する  但し、1.の強調を表す語そのものが倒置対象で
    ある場合もある。
  3.
be動詞、助動詞があれば、その後に、移動、無い時はdo助動詞を使う。 即ち、
疑問形にする
  4.その後に残ったものを
順番を変えずに、置く。

  結局、「
否定語 → 強調する単語、句、節 → 助動詞 → 主語 S → 動詞 V」の順になる。
  否定、強調を表す語とは、
notneverlittlefewonlysosuchmanymuch 等です。

  @ I
 didn't find  that book  interesting  until you told me.    
   
S 助動詞  V      O     C    強調したい副詞節
    「私は、あなたに言われるまで、その本がおもしろいと気付かなかった。」

        ↓ 
do と not が離れて、not が文頭に、次に強調する節を移動、そして疑問形にする

    
Not   until you told me  did   I  find  that book  interesting.
    
否定語    強調    助動詞  S  V       O     C
    「あなたに言われるまで、私はその本がおもしろいと気付かなかった。」

  A I
 have   never  seen  such a terrible accident.
    S 助動詞 否定語   V   
O 強調したい目的句
    「私はそんな酷い事故を見た事が無い。」

        ↓ 否定語
never が文頭に、次に強調する句を移動、そして疑問形にする

    
Never  such a terrible accident  have   I seen.
    
否定語      O 強調       助動詞 S  V
    「そんな酷い事故を、私は見た事が無い。」

  B I
  little     dreamed  that Tom would become a pro-baseball player.
    S
否定語&強調   V            O 目的節 
    「私はトムがプロ野球選手になるなんて夢にも思わなかった。」

        ↓ 
強調する否定語 little が文頭にそして疑問形するが、助動詞が無いので、did を使い、動詞は
           原形に

    
Little       did   I dream that Tom would become a pro-baseball player.
    
否定語&強調 助動詞 S  V            O 目的節 
    「トムがプロ野球選手になるなんて、私は夢にも思わなかった。」

  C I  got
 only      three fish      yesterday.
    S   V 
否定語 O 強調したい目的句  
    「私は昨日僅か3匹しか釣れなかった。」

        ↓ 
否定語 only が文頭に次に強調したい目的句、そして疑問形するが、助動詞が無いので、
            did
を使い、動詞は原形に

    
Only   three fish   did   I get yesterday.
    
否定語 O 強調 助動詞 S V   
    「僅か3匹しか、昨日私は釣れなかった。」

  Bの文は、強調したいものがそのまま否定を表している。 Little did I dream that 〜 would 〜 は慣用句的
  に使われるので、丸覚えしましょう。
  形容詞と副詞の原級・比較級・最上級の節で説明した様に、
few も little も a が付いてない場合は、
  「殆ど〜ない」と言う意味なので、否定です。
  only が否定語?と思った人もいたでしょうが、「僅か〜しかない」と否定的に訳すので、お判りでしょう。

 b) be動詞の第二文型の補語を倒置 
 <作り方>
  1.まずは、
強調したい補語(名詞、形容詞、句、節)を文頭に移動、
  2.次に、
be動詞を移動。  即ち、疑問形にする。
  3.その後、
主語と残りをそのまま続ける。

    Her sister  is  
a beautiful lady.
        S    V 
C 強調したい名詞句 
    「彼女の姉は非常に綺麗な婦人だ。」

        ↓ 強調する句を移動、そして疑問形にする為に、is を her sister の前に移動

    
A beautiful lady is her sister.
         C     V    S
    「綺麗な婦人だ、彼女の姉は。」

 c) 一般文の副詞(句、節)を倒置 
 <作り方>
  1.まずは、強調したい副詞(句、節)を文頭に移動、
  2.次に、
動詞を置き、
  
3.その後、主語と残りをそのまま続ける

    The moon appeared from between clouds. 
        S    V    
強調したい副詞句
    「月は雲の間から現れた。」

        
 強調する句を移動、次に動詞 appeared を置く

    
From between clouds appeared the moon.  
                      V       S
    「雲の間から、月が現れた。」 

 d) 一般文の目的語を倒置 
 <作り方>
  1.
まずは、強調したい目的語(名詞、句、節)を文頭に移動、
  2.後はそのまま
疑問形にはしない

    Everyone knows
what you want.  ← 間接疑問文
      S      V  
O 強調したい名詞句
    「誰もがあなたが何を欲しいかを知っている。」

        ↓ 強調する句を移動のみ

    
What you want everyone knows.  
         
       S    V
    「あなたが何を欲しいかを、誰もが知っている。」 

 疑問詞のある疑問文も、一番言いたい疑問詞を文頭に移動させ、後を疑問形にすうるので、よく見れば、ある
 意味、強調構文と言えるかも知れません。 比較してみて下さい。 

    Who is she ?
    「誰、彼女は?」 → 「彼女は誰ですか?」

2) 繰り返し文 
 1)が単文の中で強調するのに対して、繰り返して、「〜もそうだ!」と言う表現です。 日本語でも思わず、
 「そう」を先に言ってしまいますよね。 英語でも同じです。

 <作り方>
  1.繰り返し文が
肯定文の場合、so を、否定文の場合、nor、neither を置く。
  2.前文に、
be動詞、助動詞があれば、それを、無ければ、do助動詞を、主語と時制に合わせて置く。
  3.最後に、主語を続ける。 即ち、疑問形にする。 

 前文を受けるので、so、nor、neitherを使い、その後は疑問文にするのは、1)-a), b)と同じですね。

  @ I'm hungry, (and)
so are you.
    「私は空腹で、
あなたもそうです。」
  A "You like fishing." "
So do I." "So does he."
    「あなたは魚釣りが好きですね」 「
そう、私も。」 「彼もそうです。」
  B "I haven't done my homework." "
Nor [Neither] have I."
    「私は宿題が終わっていない。」 「
私もそうです終わっていない)。」

3) 接続詞がある文 
 a) 接続詞を残す場合 

    
Though Taro was hungry, he couldn't eat anything.
    「太郎はお腹が空いていたが、何も食べれなかった。」

          ↓ 
強調したい hungry を文頭にし、though を as に変更

    Hungry
as Taro was, he couldn't eat anything.
    「太郎はお腹が空いていたけど、何も食べれなかった。」

  逆接なのに、as を使います。

 b) ifを省略する場合 
  仮定法にのみ使える用法

 <作り方>
  1.if を除く
  2.助動詞があれば、それを無い場合、本動詞を文頭に移動し、
  3.その後に残ったものを順番を変えずに、置く。

  @
If it rain tomorrow, we'll stay home.
    「もし、明日雨なら、私達は家に居るだろう。」

         ↓if を除き、
助動詞 が無いので、本動詞 rain を文頭に移

    
Rain it tomorrow, we'll stay home.

  A
If I had studied hard, I would have passed the exam.
    「私が一生懸命勉強していれば、その試験に合格していたのに。」

         ↓ if を除き、
助動詞 had があるので、文頭に移動

    
Had I studied hard, I would have passed the exam.


逆に言えば、変な文型だと思ったら、倒置かな?と、ここでの説明を思い出して下さい。

ほんと、 ややこしいっす!