家庭教師な広場
ホーム
代名詞
 人称代名詞
 指示代名詞
 不定代名詞
 疑問詞
 関係代名詞
 関係副詞
指示代名詞にも主格、所有格、目的格がある。

分類 意味 主格(〜は) 所有格(〜の) 目的格(〜を、に)
近称、単数 これ 共通:this
遠称、単数 あれ、それ 共通:that
近称、複数 これら 共通:these
遠称、複数 あれら、それら 共通:those

小学校で習った日本語の「こそあど」ことば=「これ」、「それ」、「あれ」、「どれ」に当たる。 「どれ」は疑問代名詞に分類されるので、ここでは触れない。

非常に良く使う詞で、所有格は限定詞(形容詞)にも分類されている(ややこしい)。
指示代名詞には
格の変化が無く、意味だけ変わるので、要注意。

1) 主格 
 主語「
〜は、が」になる。

  @
This is a pen.
    「
これはペンです。」

2) 所有格 
 
名詞の前に置いて、「〜の」意味となる。

  @
These pictures are drown by his father,
    「
これらの絵は彼の父親によって描かれた。」

3) 目的格 
 
動詞、前置詞の後に置いて、その対象になり、「〜を、に」の意味となる。

  @ I'd like to have
this in red.
    「
これを赤で欲しいのですが。」 → 「これの赤が欲しいのですが。」

 ここで、「それ、それら」と訳す代名詞が
4つ(it、they、that、those)がある事に気付きますよね。 この内、
 it と that は使い分けが難しい。 that は前に出て来た名詞を
漠然と繰り返すのに対してit は前に出て
 来た名詞そのものを受ける時に使う。

  A A: I saw a big
dog there.      B: It's my dog.
      「私はそこで大きな
を見た。」    「それは私の犬です。

  B The
population of China is much larger than that of USA.    
    「中国の
人口はアメリカのそれ(人口)よりずっと多い。」