家庭教師な広場
2→3→1 の順です。
ホーム
代名詞
 人称代名詞
 指示代名詞
 不定代名詞
 疑問詞
 関係代名詞
 関係副詞
人称代名詞と言っても、変化=主格、所有格、目的格、所有代名詞、及び、再帰代名詞がある。
人称 単複 意味 主格 所有格 目的格 所有代名詞 再帰代名詞
〜は、が 〜の 〜を、に 〜のもの 〜自身
単数 I my me mine myself
単数 あなた you your you yours yourself
単数、男性 he his him his himself
単数、女性 彼女 she her her hers herself
単数、物 それ it its it - itself
複数 私達 we our us ours ourselves
複数 あなた達 you your you yours yourselves
複数、共通 彼等、彼女達、それら they their them theirs themselves
単数 who whose whom whose -
単数 どれ which which which
単数 what what what

表の最後の3つは、
疑問代名詞(疑問形容詞も含む)ですが、まとめて覚えると、楽なので、一緒に示します。 
これらは、歌う様に、暗記すると、覚え易い。 
再帰代名詞を時々忘れる方々に、覚え方をお教えます。 一人称、二人称は単数も複数も「所有格+self、selves」で、三人称は「目的格+self、selves」です。
あれっ!と思われるかも知れませんが、it も人称代名詞に分類されます。 理由は、it の複数形が they で、「彼等」、「彼女等」の意味もある為、その単数も人称扱いするからです。 

1) 格とは 
 格を識別出来なければ、英文を訳せないし、英文を書くことも出来ません。 特に、代名詞の格による変化は
 基本中の基本ですので、100%覚えて下さい。 

 a) 主格 
  
主語〜は」になる。 時には、補語にも使われる。

  @
She plays the piano every day.     
    「
彼女
毎日、ピアノを弾く。」        
  A It's
I (me).
    「それは
です。」

  Aの補語は、本来、主格を置くが、口語体では目的格も置く。

 b) 所有格 
  
名詞の前に置いて、所有〜の」の意味となる。

  @ This is
my bicycle.
    「これは
私の自転車です。」
  A
Whose car is that ?
    「あれは
誰の自動車ですか?」

  疑問詞の節で説明する様に、Aの
疑問詞(の所有格)+名詞は補語ですが、一緒に文頭に移動して来るの
  で、注意。

 c) 目的格 
  
動詞、前置詞の後に置いて、その対象〜を」の意味となる。

  @ June introduced
us to him.
    「ジュンが
私達を彼に紹介した。」
  A
Whom do you respect the best in this company ?
    「あなたはこの会社で
誰を一番尊敬していますか?」

  
us は動詞 introduce の、him は前置詞 to の目的語です。
  
whom は respect の目的語ですが、Aの疑問詞は文頭に移動して来るので、注意。

 d) 所有代名詞 
  単独で、
所有物〜のもの」と言う意味を持つ。

  @
Whose is this book ?
    「この本は
誰のものですか。」
  A It's
mine.
    「それは
私のものです。」

  @の
疑問詞は補語ですが、文頭に移動して来るので、注意。
  
mine を詳しく書けば、my book, a book of mine です。

 e) 再帰代名詞 
  単独で、「
自身」と言う意味を持つ。

  @ I made this table by
myself.
    「私はこの机を一人(自分自身)で作った。」
  A She said to
herself, "I'll try it."
    「彼女は、「やるぞ!」と
独り言を言った。」

2) 英長文 
 一度使った固有名詞は
二度目からは、出来るだけ代名詞で表す。 逆に言えば、いきなり、三人称の代名詞
 は出て来ない
。 

  @ Do you know
James ?            
He is the best baseball player in this school.
    「あなたは
ジェームスを知ってますか?」    「彼はこの学校で一番上手い野球選手です。」
  A
Kana and Yuki are sisters.         
Their mother is a dentist.
    「
カナとユキは姉妹です。」           「彼女達の母親は歯医者です。」

 そう言う訳で、英語長文の問題で、「he は誰を指すのですか? 答えなさい」と言う設問をよく見かけますね。

3) 主語が複数人で、人称代名詞が含まれる場合 
 
二人称、三人称、一人称の順に並べる。 
 理由を考えれば、理解出来ます。 まず、
目の前の人に敬意を払い、次に目の前に居ない第三者に、最後に
 自分を
、と言う訳です。 当たり前と言えば、当たり前か!?

  @
You, my father, and I went shopping yesterday.
    「
あなた私の父は昨日買い物に行った。」

 日本語訳は、英文に沿って訳しているが、この通りに言っていない場合が多い。 でも、英語では順序が決まっ
 ているのです!

4) 三単現: 三人称単数現在 
 
三単現の一般動詞、do助動詞には、s, es を付ける。  be助動詞とhave助動詞は不規則変化する。
 動詞の節でも説明する様に、三人称の場合、固有名詞が出て来る場合があり、複数と単数を区別する為に
 動詞に s を付けると、解説されている。 詳しくは、その節で確認して下さい。

  @
She likes to collect stamps.
    「
彼女は切手を集めるのが好きです。」
  A
He doesn't like banana so much.
    「
彼はバナナをそれ程好きではありません。」
  B
It rains.
    「雨が降る。」
  C James
is the best baseball player in his class.
    「ジェームスは、
彼のクラスで一番野球が上手い選手だ。」
  D
Who has to go there in an hour ?
    「
誰が一時間以内に歩いてそこに行かなければいけませんか?」

 疑問詞が主語になる場合、
単数扱いとなる。 答えが単数か複数か判らないので、とりあえず、そうする。

5) 日時、天候、状況を表す it
 it は人称代名詞に分類されますが、使われ易い為、色んな局面で使われる。 この場合、it は訳さない。

  @ What time is
it now ?               「今、何時ですか?」
    答え:
It's 5 o'clock in the afternon.      「午後5時です。」
  A What day (of the week) is
it today ?    「今日は何曜日ですか?」
    答え:It's Monday.                    「月曜日です。」
  B What is the date today ?             「今日は(何月)何日ですか?」
    答え:It's May eighteen [eighteenth] .   「5月18日です。」
  C What day of the month is
it today ?     「今日は(何月)何日ですか?」
    答え:It's the eighteenth of May.       「5月18日です。」
  D
It has been raining since Monday.      「月曜日からずっと雨が降っている。」
  E
It's fine today.                    「今日は天気がいい。」
  F
It's getting dark.                   「暗くなっていく。」
  G Who is
it ?                       「(そこにいるのは)誰ですか?」
    答え:
It's me.                      「私です。」

 Gは、
人間かも知れないのに、it を使う。 このページの最初に、it も人称扱いと書いているので、問題無い
 が、この場合は、相手が人でないかも知れないからです。 合理的な言語だと思いませんか?

he&she = they