形容詞・副詞の世界には、同級、比較級、最上級やその慣用句が多くあり、よく使われる。 似た様な表現でも、意味が違って来る場合も多く、使いこなしが難しい。 なんて、初めからハードルを上げちゃいましたが、以下に書いた事を覚えれば、ほぼOKと思います。

1) 同級 
 a) 肯定文 「~と同じ位~である」 

  ① Hana runs as (so) fast as Miyo
    「ハナはミヨと同じ
、速く走る。」

  最初の
as(so) は tall を修飾する副詞で、後の as接続詞です。 fast は run を修飾する副詞ですね。
  fullの文を書けば、
    Hana runs as (so) fast as Miyo
does.
  なので、やっぱ、後の as は接続詞です。 前置詞扱いする輩もいますが、違うと思います。

  ② This lake is three times as deep as that one.
    「この湖はあの湖より
3倍深い。」
  ③ The moon is
one fourth as large as the earth.
    「月は地球の
4分の1の大きさだ。」

  不思議な事に、「
何倍(何分の何)~であると言う表現は主に同級で行ないます。 「2倍」は、two times でも
  
twice でも可です。 「何分の何」の表現方法は、数詞の節で確認して下さい。

 b) 否定文 「~程~でない」 

  ① My brother isn't as (so) tall as I.
    「私の弟は私
背が高く
ない。」 

  「~と同じ位~でない」とは訳さないので、注意すべし。

2) 形容詞、副詞の比較級、最上級への変化 
 動詞と同様に、形容詞にも規則変化、不規則変化がある。 

 a) 規則変化 
  比較級には
er、最上級には est を付けるが、動詞に e, es を付ける場合の変化とほぼ同じです。

  ⅰ) 一般 

     small → small
er, smallest
     old   → old
er, oldest

  ⅱ) e で終わる場合 
   r、st のみ付ける。

     
nice → nicer, nicest
     cute → cute
r, cutest      

  ⅲ) 「子音 + y」 で終わる場合 
   y を i に換えて、er、est を付ける。

     happy → happier, happiest    
     pretty → prett
ier, prettiest    

  ⅳ) 「単母音 + 単子音」 で終わり、この母音にアクセントがある場合 
   子音を重ねて、er、est を付ける。

     big   → big
ger, biggest
     hot   → hot
ter, hottest
     
比較) few  → fewer, fewest     が少ない」

   few も「単母音+単子音」なのに、子音を重ねないのは発音から来ている。 この ew は eu と同じ扱いで、
   2文字で
[juː]「ュー」と発音する為です。 即ち、このwは母音扱いなのです。

 b) 不規則変化 
  動詞の場合と違うのは、
原級が違うのに、比較級、最上級が同じ形である事がある。 意味が近いので、
  大昔は、1つ(共通)だったのかも? まぁ、覚えるしかありません。 声に出して、歌う様に覚えて下さい。

                              主な意味    .
     bad    → 
worse, worst      「一般的に悪い」
     ill      → worse,
worst      「病気で気分が悪い」
     good   → 
better, best       「一般的に良い」
     well   → 
better, best      「健康が良い、良く」
     many   → 
more, most       「が多い」
     much   → 
more, most       「が多い、もっと」
     little   → 
less, least        「が少ない、小さい」

  bad と ill、good と well、many と much は同じ比較級と最上級ですね。 何故、勘違い易くしたのでしょうか?
  これらと little と few の若干の意味の違いをしっかり覚えて下さい。 これって、試験に出るかも。
  また、little と few は
冠詞が無い場合は、否定の意味となります。 few は数えられる名詞に使うので、複数扱い
  です。

  ① Tony has
littile money, but Bob has a little.
    「トニーは
殆どお金を持っていないが、ボブは少し持っている。」
  ② There are
few aranges left in the box but a few apples.
    「箱の中には
殆どオレンジが残っていないが、少し2,3個リンゴはある。」

  更に、little には「小さい」と言う意味もあり、small との使い分けに注意。 後者は「単に小さい」の意であるのに
  対して、前者は、「愛らしい、ちっぽけな、重要でない」と言う意味である。

    
little girl  「ちいちゃくて可愛らしい女の子」
    
small car 「小さい車、自動車」

 c) 2音節以上ある形容詞、副詞 
  2音節以上とは、母音と子音が飛び飛びに続くもので、famous, important等の
長い詞が対象ですが、beautiful,
   wonderful 等の
fulが付くもの、slowly, widely等のly が付くものは間違いなく、2音節以上である。 

    beautiful → 
more beautiful, most beautiful
    lovely   → 
more lovely, most lovely        

  また、
否定の比較級で、less を付けることもある。

    
less challenging 「よりやり甲斐のない

 d) 意味の違いで、変化が変わるもの 

    late → 
later, latest 時間が遅い
          
latter, last  順番が遅い

    old  → 
older, oldest 年齢が高い
          
elder, eldest 年功が高い

    far  → 
farther, farthest 距離が遠い
          
further, furthest 程度が大きい       

  last「最後の」 って
late の最上級だったんですねー! 
  farther と further、farthest と furthest の違いは、一般的に、こう習うが、明確に区別されておらず、混用される
  場合もある様です。
  later と latter、farther と further、farthest と furthest の発音の違いを認識して下さい。

3) 比較級 「~より~である」 
 a) 一般文 

  ① He is clever
er than I(me).
    「彼は私
より賢い。」

  fullの文を書けば、
    He is cleverer than I
am.
  なので、
than は接続詞で、me は完全に間違いですが、than を前置詞的に使う事もある。 否~、アメリカが
  こう言うことをやっているのです。
  ここで、1)-a)-①を比較級に書き換えると、

  ② Hana runs faster
than Miyo.
    「ハナはミヨより早く走る。」

  2音節以上の形容詞、副詞の例文を示す。

  ③ His picture is
more beautiful than hers.
    「彼の写真は彼女のもの
よりもっと美しい。」
     ≒ Her picture is less beautiful than his.
       「彼女の写真は彼のもの
より美しくない。」
     = Her picture is
not so beautiful as his,
       「彼女の写真は彼のもの
美しくない。」

  これらの3文は、「ほぼ同じ意味なる様に書き換えなさい」と言う問題でよく出るので、よく覚えておいて下さい。

  比較級を「より、ずっと」と強調する場合は、very でなく、
muchfar を使う。 

  ④ This orange is
much bigger than that one.
    「このオレンジはあのオレンジ
よりずっと大きい。」

  「
~だけ~だ」は比較級で表現します。 

  ⑤ This car is 10% heavier than that one.
    「この車はあの車
より10%重い。」
  ⑥ My father is
ten centimeters taller than I.
    「私の父は私
より10cmだけ)背が高い。」
     = My father is tall
er than I
by ten centimeters.
  ⑦ Her bag is
twice more expensive than mine.
    「彼女のカバンは私のもの
より2倍高い。」
     = Her bag is
twice as expensive as mine.

  ⑦の「
何倍~である」と言う表現は主に同級で行ないますが、比較級でも書ける(らしい)。 らしいと言うのは、
  あまり使わないと言う意見があるからです。 なので、出来るだけ、同級で表現して下さいね。 

 b) 疑問詞がある表現 

  ①
Who is younger, Jason or Bob ?
    「ジェイソン
ボブ、どちらが若いですか?」
  ②
Which do you like better, apple or peach ?
    「あなたはりんご
桃のどちらがより)好きですか?」

  好きなのに、better(より良く)を使うのですね。
  原級で書くと、
    I like apple very
much.
  となり、better の原級の well でなく、much を使います。 何故でしょう。 言い易いからですかね? 
  原級を比較級、最上級にしなさいと言う問題で、間違えない様に。

 c) The 比較級 ~、the 比較級 ~ 「~すればする程、ますます~」 

  ①
The older we grow up, the cleverer we are.
    「年を取れば取る
ほど益々賢くなる。」

 d) 比較級 and 比較級 「どんどん~」 

  ① It's getting dark
er and darker.
    「
ますます暗くなっている。」

4) 最上級「~の中で一番~である」
 a) 一般文 

  ① He is
the tallest boy in his class.
    「彼はクラス
で一番背が高い少年だ。」
     = He is tall
er than any boy in his class.
      「彼は彼のクラス
のどの少年より背が高い。」
     =
No other boy is taller than he in his class.
      「彼のクラス
ではどの他の)少年も彼より背が高くない。」
     = No other boy is as tall as he in his class.
      「彼のクラス
ではどの少年も彼背が高くない。」

  「最上級を比較級で表現しなさい」と言う問題での書き換えです。 よ~く試験に出ますよ。
  最上級の文で
inof がよく使われる前置詞です。

  ② This TV is
the most expensive of all.  
    「このテレビは全て
の中で一番高価です。」
  ③ This movie is
much the best.
    「この映画は
めちゃくちゃ素晴らしい!」

  最上級を強調するには、
muchby far の他、比較級では使えなかった very も使えます。 very は the の後に
  起きます
が、何故でしょう? まぁ、言葉ですから、言い易さもありますからね。

  ④ This town is
the second smallest in the city.
    「この町は市
2番目に小さい。」

  
second「2番目に」、third「3番目に」、fourth「4番目に」、、、も付ける事も出来る。

 b) 疑問詞がある場合 

  ①
Which fruit do you like the best of all ?           best は形容詞
    「あなたは全て
の中でどの果物が一番好きですか?」

  比較級と同様に、well の最上級の the best を使います。

  ②
Who runs fastest of this club ?                 fastest は副詞
    「
誰がこのクラブで一番速く走りますか?」

  形容詞の最上級の後に名詞がなくても、基本的には the を付ける。 当然、副詞の場合は付けない。
  理由は、形容詞の最上級の後には
名詞が省略されていて、the は、形容詞でなく、その後の名詞を修飾している
  からで、副詞は動詞(形容詞、副詞))を修飾していて、名詞が無いからです。 判ったすか! 
  でも、best は形容詞ですかね!? 筆者には、副詞(well)の最上級に見えるが、皆さん、どう思いますか?
  調べた結果、なんと、
間違った慣習らしいです。

  among 「~の間では」が使えそうですが、使えません。 理由は判りませんが、まぁ、習慣ですかね!?

 c) one of the 最上級 「最も~の~のうちの一人、ひとつ」 
  この表現は、よく使われる。

  ① James is
one of the best player (that) I've seen before.
    「ジェームスは私がこれまでに見た
最高の選手の内の一人です。」

5) よく使われる慣用句 
 a) no longer、 not ~ any longer、 no more、 not ~ any more 「最早~ではない」 

  ① I can
no longer eat anything.
    「
最早、何も食べれない。」
     = I ca
n't eat anything any longer.
     = I can eat no more.
     = I ca
n't eat any more.

 b) no more A than B、 not A any more than B 「Bでないと同様にAでない」 

  ① My brother can
no more speak English than my mother can.
    「私の兄は母がそう
でないと同様に英語をしゃべれません。」
     = My brother ca
n't speak English any more than my mother can.

  何か気付きませんか? than節は否定で訳すのに、
否定文でなく、肯定文を使うのに注意して下さい。 
  また、not any = no で、no more と同じですが、not と any more は離れ、no more は離れません。
  なので、speak English は
no more の後、not の後に来る、と覚えて下さい。

 c) no more than 「たったの~だけ」、 not more than 「せいぜい、多くても」 
   no less than 「~も」、         not less than 「少なくとも」 

  ① I have
no more than 200 yen.
    「私の所持金は
たったの200円だけである。」 → 「私はたったの200円しか持っていない。」
  ② I have not more than 200 yen.
    「私の所持金は
多くても200円である。」    → 「私は
多くても200円しか持っていない。」
  ③ I have no less than 200 yen.
    「私の所持金は200円
ある。」         → 「私は200円持っている。」
  ④ I have not less than 200 yen.
    「私の所持金は
少なくとも200円である。」   → 「私は
少なくとも200円持っている。」

  not があっても、do not とならず、
そのままの固まりで使うのに、注意。
  b)との違いは、any が有るかどうかで、not any = no ですが、not ≠ no だと言う事ですね!

 d) at most 「せいぜい、多くても」、 at least 「少なくとも」 

  ①
At most, fifty children joined the athletic meet.
    「
多くても50名の子供達が運動会に参加した。」
  ② At least, fifty children joined the athletic meet.
    「
少なくとも50名の子供達が運動会に参加した。」

  意味的には、at most = not more than, at least = not less than です。 

 e) not ~ much less ~、 not ~ still less ~ 「~でない、ましてや~でない」 

  ① I ca
n't speak English much[still] less French.
    「私は英語を話す事が出来
ませんましてや、フランス語も(話せません)。」

 f) not so much A as B、 more B than A 「Aと言うよりBである」 

  ① He is
n't so much a technician as a scientist.
    「彼は技術者
というより科学者です。」
     = He is
more a scientist than a technician.
     = He is a scientist
rather than a technician.

  A と B が入れ替わっているのに、注意して下さい。

 g) make the most of 「~を最大限に利用する」 

  ① You should
make the most of this oppotunity.
    「あなたはこの機会
を最大限に利用すべきだ。」

 h) had better 「~した方が良い」 

  ① You
had better lose your weight.
    「あなたは体重を減ら
した方がいい。」

  had better は過去形なのに、現在の意味です。 即ち、仮定法です。
  「した方がいい」と言う意味なので、やさしい勧誘程度と思ったら、大間違いで、かなり
キツイ表現ですので、
  使う時は注意が必要です。 筆者も、上の台詞を外人さんに言った時、「ムッ!」されたので、調べ直したら、
  命令に近い表現だと知りました。 


 これら以外に、書き切れない程、非常に多くの表現があるが、a)~h)で事足るので、しっかり覚えて下さい。

音節数で 変わるのだ!
家庭教師な広場
ホーム
形容詞と副詞
 感嘆文
 同級・比較級・最上級