英語は 合理的!?
家庭教師な広場
ホーム
時制
 時制の一致: 話法
時制の一致という考えがあるので、説明します。 その典型的なものが、間接話法と直接話法です。
日本語は曖昧な表現が多いが、英語では合理的に表現するので、分けて考える。

まず、直接話法を説明すると、言葉の通り、
話者が言ったまま(話者の主観)を直接書き記す表現です。 一方、間接話法は、文全体を書いた筆者が客観的に書いた表現です。 何?、分りづらい? 簡単に言えば、後者は引用符(” ”)を使わない表現です。 日本語の引用符は「 」です。

  <直接話法の書き方>
   1. 動詞は、
say を選ぶ。 当然、主語、時制で変化させる。
   2. 話す対象が居る場合は、say動詞の後に
to + 対象者として続けて、
   3. 
カンマ,)を打ち、
   4. 
引用符クォーテーションマーク)を続けて、
   5. 
話者が言ったそのままを書いて、
   6. 
ピリオド.)、クエスションマーク)を書き、
   7. 最後に
引用符)を書く。

1) 引用文が普通文の場合 

 <例文1>
    「太郎は「私は今テニスをしている」と言った。」

 直接話法の表現は、

    Taro said, "I am playing tennis now."

 となる。  これを間接話法で表すと、

    Taro said
that he was playing tennis then.

  <書き換えの手順>
    まず、この文を書いた
筆者から間接的に見るのを基準とする。
    1.引用符(” ”)を
that に変更、
    2.太郎が I 「私」と言う事は、その代名詞の
he 「彼」が従属節の主語になり、
    3.過去(said)に言った am(現在)は実質過去なので、
was に置き換え、
    4.now も同じ考えで、
then となる。 

 <例文2>  
    「ケイトは私に「私は昨日ジムに会った」と言った。」

 直接話法の表現は、

    Kate said to me, "I met Jim yesterday."

 となる。  これをthatを用いた間接話法で表すと、

    Kate
told me
that she had met the day before.

  <注意点>
    1.
said は第三文型のみで、said me that とならず、更に said to me that と言う書き方はしないので、

      told me
that とし、
    2.said の時点で、met(過去)なので、更に過去となり、
大過去 had met になり、
    3.yesterday は said「言った」の前の日なので、
the day before the previous day とする。

2) 引用文が普通疑問文の場合 

 <例文3>  
    「母は私に「明日、雨が降るでしょうか?」と言った。」

 直接話法の表現は、

    My mother said to me, "Will it rain tomorrow ?"

 となる。  これを間接話法で表すと、

    My mother
asked me if it would rain the next day.

  <注意点>
    1.
質問しているので、said to は asked へ、
    2.疑問文なので、that でなく、
if 「〜かどうか」 を使い、
    3.疑問形を普通形に変え、
    4.asked が過去形なので、will は
一つ時制が古くなって、would に
    5.tomorrow は the next day に変更し、
    6.クエスションマーク(?)は、
ピリオド変更する。

3) 引用文が疑問詞の疑問文の場合 

 <例文3>  
    「カナは私に「あなたは昨日何をしましたか?」と言った。」

 直接話法の表現は、

    Kana said to me, "What did you do yesterday ?"

 となる。  これを間接話法で表すと、

    Kana
asked me what
I had done the previous day.

  <注意点>
    1.
質問しているので、said は asked へ、
    2.if でなく、
疑問詞 what をそのまま(基本疑問詞なので、ifは要らない)使い、
    3.疑問形を普通形に変え、
    4.me に対して、you「あなたは〜」なので、間接話法の従属節内の主語は
I になり、
    5.asked が過去形なので、did do は
一つ時制が古くなり、had done に
    6.yesterday はthe day before the previous day に変更、
    7.クエスションマーク(?)は、ピリオド変更する。

4) 引用文が命令文の場合 

 <例文4>  
    「先生は私達に「座りなさい」と言った。」

 直接話法の表現は、

    Our teacher said to us, "Sit down."

 となる。  これを間接話法で表すと、

    Our teacher
told us to sit down.

  <注意点>
    1.said to は
told へ、
    2.命令文は
不定詞で表現(thatは使わない)する。

5) 引用文が否定命令文の場合 

 <例文4>  
    「彼の母は彼に「食べ過ぎるな」と言う。」

 直接話法の表現は、

    His mother says to him, "Don't eat too much."

 となる。  これを間接話法で表すと、

    His mother
tells him not to eat too much.

  <注意点>
    1.say to は
tell へ、
    2.否定命令文は
「not + 不定詞」で表現する。

6) 引用文が丁寧命令文の場合 

 <例文3>  
    「ジョンはケイトに「どうか窓を開けて下さい」と言った。」

 直接話法の表現は、

    John said to Kate, "Please open the window."

 となる。  これを間接話法で表すと、

    John
asked Kate to open the window.

  <注意点>
    1.
お願い(丁寧)しているので、said to は asked に変更し、pleaseは無くなり、
    2.命令文なので、不定詞で表現する。

7) 引用文がLet's文の場合 

 <例文3>  
    「モエは私に「買い物に行こう!」と言った。」

 直接話法の表現は、

    Moe said to me, "Let's go shoping."

 となる。  これを間接話法で表すと、

    Moe
suggested me tha
t we should go shoping.

  <注意点>
    1.
提案しているので、said to は suggested へ、
    2.引用符(” ”)を that に変更、
    3.Let's は Let
us なので、we should で表現する。


結構、ややこしかったけど、言葉遊びと思って下さい。

また、やや こしいのが 出て来たぞ!