動名詞は動詞を名詞として使うので、前置詞や形容詞の後に置く事が出来る為、幾つかの決まった表現=慣用句が存在する。

1) it is no use [good] + 動名詞 「〜しても無駄だ」 

     It is
no use [good] crying over spilt milk .      
     「零れた牛乳に鳴い
ても無駄だ」 = 「覆水盆に帰ら=後悔先に立たず」

 この動名詞は、事実上の主語ですが、不定詞は使えない。

2) look forward to + 動名詞 「〜するのを楽しみに待つ」 

    I'm
looking forward to seeing you.       
    「私は、貴方に会う
のを楽しみにしている。」

 これは、試験によく出ますね。 

3) be used [accustomed] to + 動名詞 「〜するのに慣れている」 

    He
is used [accustomed] to having dinner alone.
    「彼は独りで夕食を食べる
のに慣れている。」

 2)と同様に、試験に出ますよ。

4) What do you say to + 動名詞 「〜するのはどうですか?」 

    
What do you say to taking a breath ?
    「一息付い
たらどうですか?」

 2)〜4)の3つの to は、不定詞と勘違いしそうですが、全て
前置詞なので、動名詞を使う。

5) be fond of + 動名詞 「〜するのが好きである」 

    He
is fond of playing tennis.           
    「彼はテニスを
するのが好きである。」
    = He
likes playing tennis.
    = He
likes to play tennis.

 これらの3文は、不定詞、動名詞の書き換えの問題でよく出ますよ。 確実に覚えて下さい。

6) feel like + 動名詞 「〜したい気がする」 

    I
don't
feel like doing anything.         
    「何か
したい気がしない」 = 「何もしたくない気がする」

7) in + 動名詞 「〜する際に、〜している時に」 

    Don't watch TV in doing homework.
    「宿題を
している時に、テレビを観るな。」
     = Don't watch TV
while you're doing homework.

8) on + 動名詞 「〜すると直ぐに」 

    
On arriving home, he went to bed.       
    「帰宅
するや否や、彼は床についた。」
    =
As soon as he arrived home, he went to bed.

9) for + 動名詞 「〜する為に」 

    This part is necesarry
for making a car.   
    「この部品は車を作
るのに必要です。」

10) without + 動名詞 「〜しないで」 

    She left here
without saying good-bye.    
    「彼女はサヨナラを言わ
ずにここを去った。」

11) It goes without saying that 「〜は言うまでもない」 

    
It goes without saying that seeing is knowing.
    「百聞は一見に如かず
は言うまでもない。」

 2)〜11)は
前置詞の後なので、動名詞しか使いません。

12) no + 動名詞 「〜してはならない」 
   
    
No smoking here.                     
    「ここは禁煙です。」

13) There is no + 動名詞 「〜出来ない」 

    There is
no telling the truth.           
    「真実を言う事
は出来ない。」

 12)、13)は、
限定詞の後なので、動名詞ですね。

14) be busy + 動名詞 「〜するのに忙しい」 

    My brother is
busy playing PC games.
    「私の弟はパソコンゲームを
するのに忙しい。」
    = My brother is
busy to play PC games.

 不定詞の文は、副詞的用法で、busy を修飾している。
 busy の前に too を付けると、不定詞構文で説明する様に、全く逆の意味になるので、覚えておきましょう。

    My brother is
too busy to play PC games.
    「私の弟は忙し過ぎて、パソコンゲームを
する事が出来ない。」

15) worth + 動名詞 「〜する価値がある」 

    He is
worth receiving a promotion.       
    「彼は昇格を受ける価値がある。」
    = He is
worthy to receive a promotion. 

 不定詞に変える場合、worth → worthy に置き換えなければならないので、注意して下さい。
 これ以外にも、色々な表現が形容詞・副詞の節で紹介されているので、見て下さい。
 14)、15)は、
形容詞の後なので、動名詞ですね。

16) cannot help + 動名詞 「〜せずにはいられない」 
 
    My mother
cannot help eating icecream after dinner.
    「母は夕食後にアイスクリームを食べずには居られない。」
    = My mother
cannot but eat icecream after dinner.      eat は原形不定詞

 これらも、試験によく出ます。 動名詞から不定詞への書き換えです。 but は接続詞ですが、前置詞的に
 使われている。 eating は help の目的語ですが、この場合、
不定詞は使えない

17) Would [Do] you mind + 動名詞 「〜して頂けませんか?」、 
    Would [Do] you mind my + 動名詞 「〜しても構いませんか?」 

    
Would [Do]
you mind opening the window ?
    「窓を開けて頂けませんか?」
    Would [Do] you mind my smoking ?
    「タバコを吸っても構いませんか?」    
    答え方: 
No, at all.            No, I don'tmind).      Of course, not.
          「
いいえ、全く構いません。」 「いいえ、気にしません。」  「勿論、構いません。」
          
Yes, I do mind).
          「
はい、嫌です。」

 名詞的用法の節で説明した様に、
mind は動名詞しか目的語に出来ない
 Do より would の方が丁寧な表現である事は仮定法で説明した通りです。
 
my は smoking の意味上の主語で、「私がタバコを吸うのはあなたは気になりますか?」が直訳の意味です。
 動名詞なので、
所有格を使う。
 注意するのは、答え方です。 mind は本来「
気にする」の意味で、「頂けませんか?」は異訳なので、yes で
 答えると、「気にする=しては駄目」となる
ので、気をつけましょう。 してもいい場合は、No で答える。

家庭教師な広場
ホーム
第三章:不定詞・動名詞・現在分詞・過去分詞
 概要
 名詞的用法
 形容的用法
 副詞的用法
 不定詞構文
 動名詞構文
 現在分詞構文
ここまで 来たら、 もうすぐ