不定詞は動詞を名詞、形容詞や副詞に変化させる便利な詞であるので、色んな構文、用法がある。

1) 第五文型での不定詞 
 第五文型の
目的格補語に不定詞を使うことがある。

  @ I
want [would like] you to attend the meeting.
    S V            O       C
    「私はあなたに
その会議に出席して欲しいのだが)。」
  A Kana
told Ken not to stay there.
     S   V  O       C
    「カナはケンに
そこに留まらない様に言った。」
  B My mother
asked me to cook dinner.
        S     V   O     C
    「私の母は私に
夕食を作る様に頼んだ。」
  C Our teacher
allowed us to use the dictionary then
         S     V   O        C
    「私達の先生は
その時私達に辞書を使う事を許した。」
  D The king
forced the citizens to pay more taxes.
        S   V      O        C
    「王様は国民に
もっと税金を払う事を強いた。」
  E He
promised me to quit smoking.
     S   V    O     C
    「彼は私に
禁煙する事を約束した。」

 to不定詞を目的格補語とする述語動詞は、これら以外に、
advise忠告する」、enable 「可能にする」、
 
expect期待する」、persuade説得する」、remind思い出させる」、request要求する」、require
 「
要求する」、recommend勧める」、urgeかきたてる」、warn警告する」 等と沢山ある。
 また
知覚動詞使役動詞が述語になる場合には原形不定詞を使うが、同じ扱いで、全て形容詞的用法
 である。 

2) it 〜 for 〜 to 構文 
 英語は、
主語を大きくしたくないので、長い不定詞句をいきなり主語に置かず、it を代主語に用いる事が
 多い。
 
    
To climb Mt.Fuji is hard for me.       
         S     V  C 
    直訳「
富士山を登るのは私にとって大変だ。」 = 「私が富士山を登るのは大変だ。」
          ↓ it 〜 不定詞 を使った文に置き換えれば
    It is hard
for me to climb Mt.Fuji.     
    S V C  意味上  事実上
  代主語    の主語  の主語
   
  当然ながら、for 〜が無い文も存在する。 
不定詞が事実上の主語です。

3) it 〜 of 〜 to 構文 
 
    You are very
kind to help me.          
     S  V      C ← 副詞的用法        
    直訳「貴方は私を
手伝ってくれるほど非常に親切だ。」 = 「私を手伝ってくれて有難う。」
          ↓ it 〜 不定詞 を使った文に置き換えれば
    It is very
kind of you to help me.   
    S V    C  意味上  事実上    
  代主語       の主語  の主語

 for と of の違いは、補語が
kindclever賢い」、rude無礼な」、careless不注意な」等の様に、意味
 上の主語の
性質、性格を表す時に of となり、事実上の主語(不定詞)を単に説明する時は for となる。 
 同様に、
不定詞が事実上の主語です。

4) find it 〜 (for 〜 ) to 構文 

     I found this movie interesting.            
    S  V       O     C
    「私はこの映画が面白いと判った。」
          ↓ it 〜 不定詞 を使った文に置き換えれば
    I
found it interesting to watch this movie.   
    S  V 代目的語 C    事実上の目的語
    「私は
この映画を観るのが面白いと判った。」

 for 〜 が有る文も存在する。

5) too 〜 (for 〜 ) to 構文 と so [such] 〜 that 〜 cannot 構文 
 この2つの構文はほぼ同じ意味で、「〜過ぎて、〜出来ない」となる。

  @ I was
too tired to go there.         
    S V      C ← 副詞的用法  
    直訳「私は
そこに行くには疲れ過ぎていた。」 = 「私は疲れ過ぎてそこには行けなかった。」
           ↓ so 〜 that を使った節に置き換えれば  
    I was
so tired that I couldn't go there.     
    S V     C ← 副詞的節: 主節が過去形(was)なので、couldとなる

  A The tree is
too high for him to climb.  
         S V    C ←---  副詞的用法  
    直訳「その木は彼
にとって登るには高過ぎる。」 = 「その木は高過ぎるので彼は登れない。」
           ↓ so 〜 that を使った節に置き換えれば 
    The tree is
so high that he can't climb it.     
         S V   C ←-- 副詞的節  
           ↓ such 〜 that を使った節に置き換えれば 
    It is
such a high tree
that he can't climb it.     
    S V       ↑   C    副詞的節  
              |______↓
    直訳「それは
彼が登る事が出来ない程非常に高い木だ。」
     = 「それは
非常に高い木なので、彼は登る事が出来ない。」

 
否定で訳すのに、not to にならないので、注意!
 such の後の数えられる名詞が単数なので、
a を付ける。
 that節は第三文型=他動詞の文なので、目的語
it が必要。 忘れがちなので、注意。

6) 〜 enough (for 〜 ) to 構文、 so 〜 as to 構文、so [such] 〜 that 〜 can 構文 
 ほぼ同じ意味で「十分に〜なので、〜出来る」となる。

  @ He is clever
enough to pass the test.  
    S V   C ←--  副詞的用法  
    直訳「彼は
そのテストに合格する程十分に賢い。」 = 「彼は十分に賢いので、そのテストに合格出来る。」
           ↓ so 〜 as to を使った句に置き換えれば   
    He is
so clever as to pass the test.  
    S V    C ←--  副詞的用法
           ↓ so 〜 that を使った節に置き換えれば
    He is
so clever that he can pass the test.     
    S V     C ←--- 副詞的節 
     
  A The bag was light
enough for her to pick up.
        S   V   C ←--  副詞的用法     
    直訳「そのカバンは
彼女にとって拾い上げるには十分軽かった。」
     = 「そのカバンは
十分に軽かったので彼女は拾い上げる事が出来た。」
           ↓ so 〜 that を使った節に置き換えれば 
    The bag was
so light that she could pick it up.  
        S   V     C ← 副詞的節: 主節が過去形(was)なので、couldとなる
           ↓ such 〜 that を使った節に置き換えれば 
    
It was such a light bag
that she could pick it up.  
    S V        ↑  C    副詞的節: 主節が過去形(was)なので、couldとなる  
                |______↓
    直訳「それは彼女が拾い上げる事が出来る程非常に軽いカバンだった。」
     = 「それは
非常に軽いカバンだったので、彼女は拾い上げる事が出来た。」

 
ait を忘れない様に。 5)との違いは、不定詞の意味が否定的か肯定的かの違いである。

7) be動詞 + 不定詞 
 「主語がそういう状態(不定詞部の動詞)にある」と言う意味で、この簡素な表現は、
義務予定可能
 意図
運命の意味を持つ。 逆に言えば、前後の文、会話から意味が決まる。

  @ You are
to leave here by noon.               義務
    「貴方は
正午迄にここを出発するべきだ。」
  A We are
to go on a trip.                     予定
    「私達は
旅行に行く予定だ。」
  B My bike was
not to be found.                 可能           
    「私の自転車は
見付ける事が出来なかった。」
  C If you are
to buy a car, you must save money.      意図
    「もし貴方が
車を買いたいなら、貯金すべきだ。」
  D She was
never to meet her mother.             運命        
    「彼女は二度と
母親に会えない運命だった。」

 可能の場合は、
否定文の受動態が主である。 意図の場合は、if(仮定=もし〜なら)文で使われる。  
 運命の場合は、
never 等を伴い、否定文で使われる。

8) 動詞 + 不定詞 
 「動詞 + to」が
助動詞的に使われる表現がある。

  @ He
seems to be sick.
    S   V    C
    「彼は
病気の様に見える
  A Tom
happened to meet Jun.
     S    V      C
    「トムは
たまたまジュンに逢った。」
  B No one
bothers to drink dark water.
       S   V        C
    「誰も
わざわざ汚い水を飲まない。」
  C My son
came to eat a green pepper
       S   V       C
    「私の息子は
ピーマンを食べる様になった。」
  D Jane
got to understand my intention.
     S  V        C
    「ジェインは
私の意図を理解する様になった。」
  E Her baby
learned to talk a little.
        S   V      O
    「彼女の赤ちゃんは
少し喋る様になった。」

 
come toget to 及び learn to は同じ訳し方をするが、come to は「自然に〜になる」の意味で、後の
 2つは「〜出来る様になる」(能動的)の意味なので、若干違う事を覚えておいて下さい。
 動詞によって、to不定詞が補語だったり、目的語だったりするが、「動詞 + to不定詞」と言うより
 「
動詞 to + 原形動詞」の形で、「動詞 to」を助動詞的に使っている。 なので、文型を語るのは余り意味が
 無い。 敢えて説明すると、@〜Dは自動詞なので、不定詞は補語で、形容詞的用法、Eは他動詞なので、
 不定詞は目的語で名詞的用法となる。 覚えなくてもいいですが。

9) 疑問詞 + 不定詞 
 便利な表現で、目的語が主ですが、主語にもなる。

    
what to 動詞        「何を〜すべきか
    
when to 動詞         「いつ〜すべきか
    
where to 動詞        「どこで〜すべきか
    
how to 動詞          「どう〜すべきか」=「〜仕方
    
which 〜 to 動詞      「どんな〜を〜すべきか

  @ I don't decide
when to go there.           
    「私は何時いつ
そこに行くか決めていない。」
  A
Which color to paint was up to him.        
    「
どの色を塗るかは彼次第だった。」

10) 独立不定詞 
 決まった形の句で、主に文頭に置くが、文中にも置く事が出来る。 又、同じ意味の独立分詞構文もあるの
 で、一緒に示す。

   
to be frank with you = frankly speaking     「率直に言えば
   
to be honest = honestly speaking         「素直に言えば
   
to tell the truth = telling the truth          「本当の事を言えば
   
to begin with                         「まず、第一に、そもそも
   
to be sure                          「なるほど、いかにも
   
needless to say                      「言うまでも無く
   
strange to say                      「奇妙な事に
   
so to speak [say]                      「言わば

   
家庭教師な広場
なんか 試験に 出そう
ホーム
第三章:不定詞・動名詞・現在分詞・過去分詞
 概要
 名詞的用法
 形容的用法
 副詞的用法
 不定詞構文
 動名詞構文
 現在分詞構文