副詞的用法と言う位ですから、品詞の形容詞・副詞の章での説明と同様に、動詞、形容詞を修飾する。 意味は、不定詞の副詞的用法は、「〜する為に」、「〜して」、〜するには」、〜するなんて」となる。 
現在分詞の副詞的用法は、「
〜しながら」となり、形容詞的用法での関係より、意味が近くありません。 また、現在分詞の副詞的用法は、「〜されて」となり、受身の意味が含まれる。

1)動詞を修飾する不定詞 

  @ Taro goes to school
to eat lunch.
     S  V  ←------- 修飾 
    「太郎は
昼飯を食べに学校に行きます。」
  A She grew up to be a teacher.
     S  V  ←--- 修飾
    「彼女は成長して
先生になった。」

 @は一番使われる表現で
目的を表す。 Aは結果を表す不定詞です。
 次に示す文は、副詞的用法から派生したもので、
意味をよりはっきり表現した慣用句です。

  B My mother prayed in order for me
to win the 1st prize.
        S     V  ←--------- 修飾 
    「私の母は
私が
1等賞を獲る様に祈った。」
  C Yuji went skiing
only to injure his leg.
     S  V  ←------- 修飾 
    「ユージは
ただ足を怪我しにスキーに行った様なものだった。」
  D Jane ran out of the classroom crying,
never to return.
     S  V  ←--------------------- 修飾 
    「ジェインは泣きながら教室を走り出た、
そして二度と戻る事は無かった。」

 Bの様に、
不定詞の主語が文の主語と違う場合不定詞の主語を for 〜 として挿入出来る。
 C、Dは面白い表現で、Aと同じ様に
結果を表している。 never の前のカンマ「,」を忘れない様に!

2)形容詞、副詞、過去分詞を修飾する不定詞 
 a) 一般的な修飾 
  @ I'm glad
to see you.
    S V C ← 修飾
    「私は
あなたに会えて嬉しい。」
  A My mother was surprised
to see the news.
        S   V    C ←-- 修飾
    「私の母は
そのニュースを見て驚いた。」
  B Ken must be very hungry
to eat so much.
     S     V      C ←-- 修飾
    「ケンが、
そんなに沢山食べるなんて、非常に空腹に違いない。」
  C You should study hard in order to [so as to] pass the next exam.
     S       V  副詞 ←------- 修飾
    「あなたは
次の試験に
合格する様に一所懸命勉強すべきだ。」
  D Drive carefully
so as not to cause an accident.
     V   副詞 ←----- 修飾
    「
事故を起こさない様に注意して運転しなさい。」

 @、Aは形容詞、過去分詞の
対象となる行為を示す不定詞で、Bは理由を示している。
 C、Dは、1)で説明する様に、副詞的用法から派生した表現で、副詞を修飾し、副詞の意を細かく説明して
 いる。 
 Dの様に、
不定詞の前に not を置いて、否定の意で使うことも出来る。

 b) 慣用的表現 
  形容詞、過去分詞 + to不定詞 で慣用句的に使われるものがある。

  @ This book is
too difficult to understand.
        S  V     C ←-- 修飾
    「この本は
理解するには難し過ぎる。」=「この本は難し過ぎて理解出来ない。」
  A He practiced hard
enough to win the victory of the final game.
    S   V    副詞 ←---------- 修飾
    「彼は、
決勝戦で勝利出来る程十分に一所懸命練習した。
  B Kimiko is
anxious [eager] to visit Europe.
      S   V   C ←-------- 修飾
    「君子は
ヨーロッパに行くのを切望して(行きたがっている。」
  C Everyone is
apt [likely] to find others' fault.
       S   V C ←-------- 修飾
    「誰もが
他人の欠点を見つけ易いものだ。」
  D He is
entitled to take the examination for Tokyo universiry.
    S V   C ←--------- 修飾
    「彼は
東大を受験する資格権利がある。」
  E It's
sure to rain this afternoon.
    S V C ←--- 修飾
    「
きっと、今日の午後雨が降る。」
  F Yumi is
willing to recieve criticism.
     S  V  C ←--- 修飾
    「ユミは
批判を受けるのをいとわない。」

  @、Aは、不定詞構文に分類されるが、too、enough が無くても文は成立する(意味は若干変わるが)。
  その他、be
liable to 「〜する法的義務がある」、be ready to 「する準備が出来ている」等がある。

3)動詞を修飾する現在分詞 

    Hana came home
singing.
     S   V  ←-- 修飾 
    「ハナは
歌いながら帰宅した。」   

 singing の前にカンマ「,」があると、現在分詞構文
付帯状況を表す表現に分類されるが、訳し方は同じ
 です。

4)形容詞を修飾する過去分詞 

    My grandmother looks happy
surrounded by her grand children.
           S      V    C  ←------ 修飾 
    「私の祖母は
孫達に囲まれて幸せそうに見える。」  

 この過去分詞は、補語である形容詞 happy の
理由を説明している。

5)条件を表す不定詞 

    
Tp see Ken play baseball,
you will think that he is a professional baseball player.
    = If you see Ken play baseball、you will think that he is a professional baseball player.
    「
ケンが野球をしているのを見たら、
あなたは彼がプロ野球選手と思うだろう。」

 文頭で用いられる事が多いが、意味から見て、
条件を表す事が分る。

6)慣用句 
 5)の様に
条件を表す不定詞や、現在分詞が慣用句になったものが多くあるので紹介する。 当然、文頭に
 置かれる。


    
To tell the truth、       「本当のことを言えば、
    
To be frank with you、     「素直に言えば、
    
Generally speaking、     「概して言えば、
    
Frankly speaking、       「素直に言えば、

 これ以外に、沢山有ります。 厳密に言えば、
不定詞構文現在分詞構文に分類されるので、その節で確認
 してまとめて覚えて下さい。


家庭教師な広場
ホーム
第三章:不定詞・動名詞・現在分詞・過去分詞
 概要
 名詞的用法
 形容的用法
 副詞的用法
 不定詞構文
 動名詞構文
 現在分詞構文