家庭教師な広場
代名詞とは、英語で pronoun と訳し、読んで字の如し、名詞の代わりをするもので、6種類ある。 

  人称代名詞、再帰代名詞、指示代名詞、不定代名詞、疑問代名詞、関係代名詞

こんなに並べると、「わぁーっ、何これ、面倒臭ぇー」となりますが、心配しないで、皆さん、知ってますよ。 言語学者が夫々に名称を付けただけ。 4つに分類すると判り易い。 

更に、所有格は、限定詞(形容詞の一部)としても分類され、明確に分ける事が難しい。

1) 人称代名詞、再帰代名詞 
 人称と言う位ですから、基本的に「
人」の対する代名詞です。

   「私」、「あなた」、「彼」、「彼女」、「それ」、「私達」、「あなた達」、「彼等」、「彼女達」、「それら」

 「それ、それら」って人間じゃないでしょう!と言われるかも知れませんが、時折、対象が人間になるので、人称
 代名詞に分類される。

 英長文では、一度使った固有名詞は
二度目からは、出来るだけ代名詞で表す。 逆に言えば、いきなり、
 三人称の代名詞は出て来ません
。 
 そう言う訳で、英語長文の問題で、「he は誰を指すのですか? 答えなさい」と言う設問をよく見かけますよね。

 また
使われる位置=「格」によって、変化するので、ややこしい。 何故かと言うと、英語には助詞が無いから。
 逆に言えば、助詞がある日本語から英語に変換する場合には、この「格」による変化が重要になるのです。

 
三単現 = 三人称(彼、彼女、それ)単数現在の場合、動詞に「s」を付けるのは基本中の基本なので、覚えて
 おく様に!

2) 指示代名詞 
 指示する代名詞なので、
物、人、両方に使われる。

   「これ」、「それ」、「あれ」、「これら」、「それら」、「あれら」

 小学生の時に習った「
こそあど言葉」です。 「ど」は下の不定代名詞、疑問代名詞に含まれる。

 指示代名詞の「それ」は that で、「あれ、それ」も同じ単語で表現し、状況に応じて、訳し方を変えるので、
 注意して下さい。

 
単数は、三人称なので、三単現の「s」を忘れない様に。

3) 不定代名詞 
 
不特定の人や物に使われる。

   「ひとつ」、「いくつか」、「どれか」、「別のもの」、「各々」、「全て」、「両方」、「どちらか」、、、

 
不定なので、三人称ですが、単数、複数と扱いが一定しておらず、三単現の「s」を忘れがちになるので、
 注意が必要です。

4) 疑問代名詞(疑問形容詞)、関係代名詞 
 前者は疑問文に、後者は文を繋ぐ時に使われる。 

   「だれ」、「どれ」、「何」、「のところの」

 
疑問代名詞も、三人称ですが、単数、複数の区別が出来ないので、基本、単数扱いです。 故に、三単現の
 「s」を忘れない様に。

 疑問副詞、関係副詞と共に、扱い方は非常に近いので、関連付けて覚える事をお勧めします。


ホーム
第二章:品詞
 名詞
 代名詞
  人称代名詞
  指示代名詞
  不定代名詞
  疑問詞
  関係代名詞
  関係副詞
 動詞と助動詞
 形容詞と副詞
 前置詞
 接続詞
 間投詞