家庭教師な広場
助詞を知らない人は居ないと思いますが、居たら、いけないので、とりあえず簡単に説明しときます。

例文: 私
、学校、毎日、英語勉強します。

」、「」、「」が助詞です。  小学校で「てにをは」って聞いた事があるでしょう、これです。

単語に付く事で、それぞれが文章で
単語が何の役割かを意味させる品詞です。

」は「私」に主語、「」は「英語」に目的語としての役割を持たせる為に付けます。 英語には有りません。
」は「学校」に「勉強する」場所を表す連用修飾語の意味を持たせる為に付けます。 この場合、英語文では前置詞 at に当たります。

日本語には助詞がある為、単語が色んな所に移動出来、表現が多種多様になってしまいます。 

でも、英語はある程度順序が決まっている(文型)。 と言うより、
位置によって役割が変わる

この違いが、日本語から英語への変換を難しくしている大きな要因です。

英語を日本語にするのは簡単に出来るが、逆は苦手な人が多いですからね。

筆者も非常に稀に英語をしゃべる機会がありますが、英語スウィッチをいれないと、ちゃんと会話にならないので、非常に疲れます。

前の節で英語 → 日本語を説明しましたが、ここで、
もっと難しい、日本語を英語にする場合を考えましょうか?

「彼女
、1年前、家、お母さん、大きなケーキ作った。」 を英語に出来ますか?

「彼女は」は主語っぽいので、きっと「she」、普通文なので、文頭か? 「1年前」は、「a year ago」だが、どこに置こうか、最後か? 「家で」は「at home」だが、「a year ago」の前か後か、どっちだっけ? 「お母さんに」は、「に」があるので、「to her mother」、否、「for her mother」かな、でも、どこに置けばいいか? 「大きなケーキを」はどこ??? もう判らん。。。 となる訳です。

これを克服するには、まず、この日本語が英語の
第何文型に当たるかを考えなければなりません。

判りますか? ちょっとお勉強した生徒は、第四文型かなーと。

    She cocked her mother a big cake at home a year ago.
     S   V        O        O  副詞句  副詞句

第三文型でも表現出来ますけど、省略します。

そう、日本語から英語に変換する時に、
文型を読み取る力量が必要になるのです! 更に、副詞句の位置はどこ?となる訳です。 因みに、場所を表す「at home」は時を表す「a year ago」の前に置きます。 日本語には無い決まり事です。 

英語 → 日本語より、日本語 → 英語の時の方が、
より助詞が妨げになるのが、判りましたか?

私よっ!

助詞って何?
ホーム
はじめに
 超便利な助詞