数学ソフト&数学特別講習&大分県高校入試

 

「目からうろこが落ちる」体験を目指して

 

数学ソフト

数学特別講習

大分県高校入試

お問い合わせ

  

  数学ソフト

 

中数電卓Ver1.2  New 計算deGO(中学編)Ver1.5.8  計算deGO(中学編)ver1.5.7.1のエラーについて

 

----------------------------------------------------

平成24〜25年度各都道府県公立高校入試問題の提供

----------------------------------------------------

 

一般に公開されている平成24〜25年度各都道府県公立高校入試問題を計算deGOのファイルにして

提供します。

なお、問題の番号・図の位置・問題の表現などを変更している場合があります。ご了承ください。

また、解答には簡単な解説を追加しました。間違いなどがありましたらお知らせください。

 

現在提供中の入試問題 2013.7.29現在

 

平成25年度

 

01北海道高校入試問題1.0    01北海道高校入試2問題1.0       02青森県高校入試問題1.2      02青森県高校入試2問題1.0

04宮城県高校入試問題1.0       05秋田県高校入試問題1.0        08茨城県高校入試問題1.1       09栃木県高校入試問題1.0

10群馬県高校入試問題1.0    11埼玉県高校入試問題1.0        12千葉県高校入試問題1.1      12千葉県高校入試2問題1.0

13東京都高校入試問題1.0       14神奈川県高校入試問題1.0    15新潟県高校入試問題1.1       20長野県高校入試問題1.0   

22静岡県高校入試問題1.0      23愛知県高校入試A問題1.1    23愛知県高校入試B問題1.0     24三重県高校入試問題1.0     

25滋賀県高校入試問題1.0       26京都府高校入試問題1.0     27大阪府高校入試問題1.0       28兵庫県高校入試問題1.0    

29奈良県高校入試問題1.0    30和歌山県高校入試問題1.0    31鳥取県高校入試問題1.0       33岡山県高校入試問題1.0     

34広島県高校入試問題1.0       38愛媛県高校入試問題1.0      39高知県高校入試問題1.0       40福岡県高校入試問題1.0     

44大分県高校入試問題1.0

 

平成24年度

 

各県高校入試問題1.0

 

(利用方法)

 

h2*-**-****.zipを適当な場所に保存してください。Lhazなどの解凍ソフトで解凍後、h2*-**-****フォルダー内の

readme.txtをお読みください。

なお、これらのファイルを利用するには、計算deGO(中学編)のバージョンは1.5.7が必要です。

 

(利用例)

 

以下の例はデータベースに保存した入試問題をデータベースから読み込み、「おまかせ」1ページをクリックして

適当な問題を選択したものです。

このように、簡単に入試問題から問題を作成できます。

 

 

 

 

 

 

 

 

中数電卓Ver1.2は中学校数学計算問題を自動解答するソフトです。正負の計算・文字計算・方程式・不等式・式の展開・(素)因数分解・平方根・代入などの教科書程度の問題に対応しています。

操作方法は普通に式を入力して答ボタン・因数分解ボタンをクリックすると解答が表示されます。

 

今回のアップデイトから素因数分解が可能となります。

 

chusudentaku.zipのダウンロード

 

chusudentaku.zipを適当な場所に保存してください。Lhazなどの解凍ソフトで解凍後、中数電卓フォルダー内のreadme.txtをお読みください。

 

(お願い)

このソフトは、かなりバグをとりましたが、まだ残っていると思いますので、お気づきの点がありましたら、是非お知らせください。

 

 

 

 

 

「計算deGO (中学編)Ver1.5は次の特徴を持つ中学数学問題作成支援ソフトです。

 

○ 毎回ランダムに異なる計算プリントを作成

○ 計算問題のパターン数は355で1パターンにつきランダムに100問作成

○ ユーザ作成問題を計算問題のパターンに追加可能。またパターンの削除も可能。

○ おまかせコース(全学年、各学年、複数単元)はランダムに最大999問作成

○ 分数、√、連立方程式、べき乗等をイメージ通りに印刷し、印刷イメージを見ることが可能

○ 印刷レイアウトのカスタマイズが可能

○ 文章問題作成エディター機能

○ データベース機能

○ 中学計算問題自動解答機能

○ シンプルな操作

 

  とても簡単な操作で様々な問題を作成できる実用的なソフトです。ぜひ一度使ってみてください。

 

  学校・塾の先生の皆さんへ

 

       もう手書きで計算・文章問題プリントを作成する必要はありません。

       毎日の宿題プリント、定期考査の計算問題・文章問題すぐに作成できます。

       問題をデータベースで管理できます。

 

  生徒の皆さんへ

 

       もう計算ドリルを買う必要はありません。

       いくらでも苦手な問題をする事が出来ます。

       計算力を高めることが出来ます。

 

 

計算deGO (中学編)Ver1.5 について

使用例(計算プリント自動作成編)

ソフトの概略、必要なソフト、インストール、アンインストール、ダウンロードなどについて記述しています。まずは詳細をお読みください。

中学の教科書から選択された355種類の計算問題(数値はランダムに選択)から自由に問題を選択し、様々な用紙に印刷できます。

詳細

詳細

 

使用例(文章問題作成編)

使用例(データベース編)

ワードなどのワープロでは、数学の式を正確に描く事は難しいものです。例えば、中括弧・分数式・√を含む式を作ることを試してみればすぐにわかります。このソフトの作成機能を使えば容易に式を作成できます。

問題を手書き・ワープロなどで作成した後、その問題を後で利用したいと思った場合、切り取り・コピーなどをすると思いますが、なかなか面倒くさいものです。そこでこのソフトでは作成問題をデータベース化する手段を用意しました。

詳細

詳細

 

使用例(Newリスト設定・応用編)

計算deGO(中学編)Ver1.5.8のダウンロード

 

keisandego.zipを適当な場所に保存してください。Lhazなどの解凍ソフトで解凍後、計算deGOフォルダー内Readme.txtをお読みください。

なお、計算deGO(中学編)Ver1.5.7を使用中の場合、計算deGOフォルダー内の計算deGO(中学編).exeを今使用中の計算deGOフォルダー内で上書き保存すればプログラムがVer1.5.8にアップされます。

リストの設定・ソフトの応用例を記述しています。

 

詳細

ダウンロード

 

問い合わせ  電子メール chorochoro@ctb.ne.jp

 

------------------------------------------------------------------------------------------------------------

エラーについてのお知らせ

------------------------------------------------------------------------------------------------------------

 

計算deGO(中学編)で、問題プレビューに「アプリケーションのコンポーネントで、ハンドルされていない例外が発生

しました。………」や、「プリンタ’.......’にアクセスする設定が有効ではありません。」等のエラーがでると、

ユーザーから報告がありました。調査したところ、プリンターの設定状況次第では発生することがあると思われます。

そのときは,次の操作を行ってください。

 

1 計算deGO(中学編)フォルダー内のprinter.infoを開き、内容をすべて削除して上書き保存する。

2 プログラムを立ち上げ、問題を1ページ作成し、「問題印刷」ボタンをクリックして、プリンタ名のタブで

通常使用しているプリンターを選択し、印刷する。

3 必ず、「終了」ボタンをクリックする。

 

------------------------------------------------------------------------------------------------------------

変更履歴

------------------------------------------------------------------------------------------------------------

 

最新版 計算deGO (中学編) Ver1.5.8  公開。2014.9

 

今回のアップデイトについて 

 

○ データベース画面でイメージを表示しているとき、「おまかせ」を実行すると時間がかかるのを修正しました。

 

○ 編集画面で、アンダーライン、文字を0.1文字分進めることが可能になりました。

 

○ 2桁の筆算も可能となりました。

 

○ 連立方程式のバグを修正しました。

 

○ 印刷時に日付を付けるのが可能となりました。

 

計算deGO (中学編) Ver1.5.7.1  公開。2013.4

 

  ○ データベースの選択におまかせを追加し、バグを修正しました。

 

計算deGO (中学編) Ver1.5.6  公開。2012.4

 

今回のアップデイトについて 

 

  ○ Windows7/Vistaで実際の印刷部数がもとの部数の2乗となることがあることに対処しました。

 

(作者から一言)

ユーザより「Windows7では、印刷部数が2乗となって印刷される。」と知らせを聞いて驚き、その原因をいろいろ考えました。まず現状を分析すると次のようになります。(以下はVisualBasic.Net内の話です。)

 

WindowsXP時代(.NetFramework 1.0

プログラムで使用可能

プリンターに通知

標準印刷ダイアログの「印刷部数」

×

標準印刷ダイアログの「部単位で印刷」

×(注1)

×

印刷ルーチン  「印刷部数」「部単位で印刷」等の情報を使って印刷イメージを作り、それをプリンターに送っています。

注1)   独自に印刷ダイアログを作り、「部単位で印刷」が使用可能としているケースがあります。

Windows7時代(.NetFramework 4.0

プログラムで使用可能

プリンターに通知

標準印刷ダイアログの「印刷部数」

標準印刷ダイアログの「部単位で印刷」

 

これから考えると次の例1、例2の事象が起きていると思います。

 

例1) 2枚のプリントを2部印刷する(2枚のプリントを12とします。)     

 

プログラムがWindowsXP時代の印刷ルーチンを採用するとプログラムで印刷イメージ1122作成

この状態でOSがWindowsXPになると           --à プリンターの印刷 1122

この状態でOSがWindows7 になると            --à  プリンターの印刷 11112222

 

例2) 2枚のプリントを2部,部単位で印刷する(2枚のプリントを12とします)     

 

プログラムがWindowsXP時代の印刷ルーチンを採用するとプログラムで印刷イメージ1212作成

この状態でOSがWindowsXPになると           --à プリンターの印刷 1212

この状態でOSがWindows7 になると            --à  プリンターの印刷 12121212

 

計算deGOWindowsXP時代の印刷ルーチンを採用しています。そうであれば、次の2つの対策が考えられます。

 

1 印刷ルーチンを印刷イメージがプリントを1枚ずつ作成するように変更する。

  例1、例2では、印刷イメージ12を作成する。プリンターがそれぞれ1122、1212と印刷する。

 

2 印刷ルーチンを変えず、印刷イメージを作成し、プリンターに印刷部数を1として送る。

   例1、例2では、それぞれ印刷イメージ1122、1212を作成する。プリンターがそのまま印刷する。

 

1番目の方針では、ユーザがWindowsXPを使用している場合に「印刷部数」・「部単位で印刷」が無視されるので、2番目の方針を採用し、プログラムを修正しました。その結果、実際の印刷部数が印刷ダイログの指定された通りになり、一件落着です。今回のようなケースは他のWindowsXP時代に作られたプログラムにもあると思います。その修正プログラムが提供されない場合、Windows7のデバイスとプリンター内のMicrosoftXPSDocumentWriterを通常使うプリンターに指定して印刷イメージを作成し、それを使用しているプリンターで印刷すると印刷部数が2乗されないはずです。よろしかったら試してみてください。

 

 

 

計算deGO (中学編)Ver1.5.5  公開。2011.8

 

「計算deGOは計算プリントを自動作成するので便利だが、計算プリントの問題のパターンにこの問題を追加したい。」「計算プリントの問題のパターンからこのパターンを削除したい。」「もっとカスタマイズしたい。」というユーザの声があります。しかし、今まで、このソフトを含め、計算プリントソフトでは、なかなか対応できませんでした。今回、その要望をかなえるために新たに計算問題自動解答システムを開発しました。これを使うことでユーザ作成問題を自動解答することができ、問題の数字部分を自動変更することで、計算プリントの問題のパターンにユーザ問題を追加できるようになりました。また、計算プリントのパターンそれぞれを削除できるようにプログラムを変更しました。この結果、ユーザ独自の計算プリントをかなり自由に作成できます。是非試してみてください。

 

今回のアップデイトについて 

 

○ 中学数学計算問題を自動解答する機能を取り入れました。

○ 計算プリントの問題パターンにユーザ作成問題を追加できるようになりました。

○ 計算プリントの問題パターンのそれぞれを削除できるようになりました。

○ 「問題を追加」ボタンが使用できなくなりました。

○ Windows7 64bit版に対応しました。