トップ > SGTレーススケジュール >

スーパーGT

 日本国内を中心にして行われているレースの中で最多となる年間およそ50万人近い観客が集まるのが,このスーパーGT(このサイトでは,SGTと表記します。)です。実際には中身は別物ですが,普段の街中で見られる車が,モンスターマシンに変貌を遂げ,毎回激しい争いが展開されていくのがその魅力となっています。
 SGTは,GT500とGT300の2つのクラスがあり,GT500クラスに関しては,2014年シーズンからこれまでと大きく変化を遂げることになりました。その変化の大きな要因は,ドイツ国内を中心に行われているDTMシリーズとの連携が図られたことです。コストを削減しながらも,参戦メーカーの増加を図ってシリーズを活性化するため,レギュレーションの共通化という手段がとられた(ただ,DTMの衰退によりDTM側が使用するマシンを変更したため,両者の関係は解消となりました。)のです。まず車体に関してですが,外観はそれぞれのメーカーで違うものの,共通のモノコックをベースにしてつくられています。エンジンに関しては,SFと同じように,これまでは3.4リッターV8自然吸気エンジンでしたが,2014年シーズンから並列4気筒2リッターターボエンジンを使用することになりました。使用するマシンに関しては,モノコック自体はDTMとの共通となるクラス1規定に基づいたものですが,車両には違いがあります。まずトヨタは,2020年シーズンから使用する車両が変更となりました。それは,新たにフルモデルチェンジして市販が再開されたスープラです。ホンダはNSX-GTとこれまでと同じですが,市販のNSXがミッドシップなのに対し,クラス1規定ではミッドシップが認められておらず,2019年シーズンまでは特例として認められていましたが,ハンディが科されていました。そうしたこともあって,2020年シーズンからはミッドシップをやめてクラス1規定通りとなるFRへと変更されました。ニッサンに関しても大きな動きがあり,長年にわたって使用してきたGT-Rに替え,今シーズンからかつて使用した歴史があり,新たにフルモデルチェンジして市場に投入されるフェアレディZがモチーフとなっている『Z GT500』が使用されることになりました。
 2020年,2021年シーズンともチャンピオン争いは,最終戦まで持ち込まれ,一昨年はタイトルに手をかけていたマシンが最終コーナーで燃料切れした形で決着を見るという劇的なフィナーレとなりました。そして,昨シーズンは,これまた同じくほぼタイトルに手をかけていたマシンが他のマシンにぶつけられ,タイトルの望みかなり薄かったマシンが大逆転でタイトルを手にするというフィナーレとなりました。それほどまでに各メーカーの力が拮抗していると言えますので,今年がどのような展開となるのかとても楽しみになります。
 GT300クラスは,FIA管轄のGTレースで使用されているフェラーリやポルシェ,アウディ,マクラーレンといったFIA-GT3勢と,スバルの人気車であるBRZや,国内のスポーツ系のハイブリッド車であるトヨタのプリウスといったJAF-GT勢との争いが注目点となりました。さらに,2015年シーズンからは主催者であるGTAが音頭を取って開発したマザーシャーシを使用したマシンも登場していて,GT3,JAF-GT,マザーシャーシの3パターンによるバトルとなりました。どれが有利なのかは,性能調整(BOT)によってどちらにも転ぶという状況で,主催者側の判断が重要となってきます。果たして今シーズンはどの車両,どのチーム,どのドライバーがタイトルを獲得するのかが全く予想が立たないだけに注目となります。

《レーススケジュール》
  決勝日 サ ー キ ッ ト
第1戦 4月17日 岡山国際サーキット 岡山
第2戦 5月 4日 富士スピードウェイ 静岡
第3戦 5月29日 鈴鹿サーキット 三重
第4戦 8月 7日 富士スピードウェイ 静岡
第5戦 8月28日 鈴鹿サーキット 三重
第6戦 9月11日 スポーツランドSUGO 宮城
第7戦 10月 2日 オートポリス 大分
第8戦 11月 6日 モビリティリゾートもてぎ 栃木

トップ > SGTレーススケジュール >