本文へスキップ
教育福祉労働

 

ようこそ
大分県議会議員の原田たかしです
 あけましておめでとうございます
 皆様方におかれましては
  健やかに新年をお迎えのことと存じます
 旧年中の御支援に感謝いたすとともに
  本年の皆様方の御健勝を御祈念いたします


 さて、2020年は「新型コロナウイルス感染拡大」に振り回された一年でした。昨年2月あたりから急速な広がりで学校の休校、飲食店舗の休業が始まり、別府市でも基幹産業である観光関連産業が大打撃を受けました。
 様々な経済回復対策も行われましたが、感染拡大の2波・3波と続く感染拡大状況に効果は限られてしまっています。
 今、重要なのは、困窮している家庭や事業者への更なる支援だと思います。そして、感染対策をしながら感染の落ち着きを待ち、ワクチン接種の効果に期待するばかりです。
 皆さん方も、本当に苦しいと思いますが、明けない夜はありません、乗り越えていきましょう。

 続いて、政治について。安倍政権から菅政権に代わり、新たな時代が始まりました。野党においても、新党として新たにスタートした立憲民主党に私も参加しました。また、大分県では2月の大分市議会議員選挙終了後、社民党の分裂による立憲民主党への合流が進められる予定です。
 その中でこれからの国の政策課題は、まず新型コロナウイルス感染症や毎年のように起きる災害等への危機対策、経済回復、再生可能な環境整備、さらに待ったなしとなっている財政再建ではないかと考えます。
 大分県でも、経済回復や災害防止対策の他、道路や河川・橋などの長寿命化などのインフラ整備が急務です。また、国ほどではありませんが、これからも財政の健全化を図っていくことが求められます。
 とりわけ、来年度の予算編成は感染症対策、そして感染拡大の影響を原因とする経済環境の悪化による県の税収の大幅減少が予想されることから、行政の舵取りは本当に難しくなっています。

 私も県民の皆様方の声を県政に反映させるために、今年も取り組んでいきます。また、本年1月には臼杵市長選挙、2月には大分市議選、4月には佐伯市長・市議選、竹田市長・市議選、豊後大野市長・市議選、豊後高田市長選、宇佐市長選、10月には杵築市長選、由布市長・市議選が行われます。さらに、同じく10月には衆議院議員の任期満了を迎えることから総選挙が年内に行われますことから、まさに決戦の年です。私は、連帯する国会議員・市長・市議の当選に向けて取り組んでいきたいと考えています。
 本年も引き続きのご支援をお願いし、年頭のご挨拶とさせていただきます。

 2021年 元旦
           大分県議会議員   原 田 孝 司

 最終更新日 2021年 1月21日

新着情報

2011年 5月10日
 大分県議会議員 原田たかしHPを公開しました

大分県議会議員
 原田たかし

原田たかし事務所

〒874-0838
大分県別府市荘園町3組の2
TEL.0977-25-0011
FAX.0977-25-0011
harada@ctb.ne.jp


→アクセス

「LINE公式アカウント」も開設しています

ラインをご利用されている方は、左記のQRコードからでも登録できます。