接続設定(Windows 10の場合)

Windows 10は初期状態であれば、IPアドレス自動取得となっておりますので、特別な設定をする必要はありません。ここではその状態になっているかどうかの確認になります。

ネットワークの設定を確認する

[1]画面左下の「スタートボタン」をクリックし、

「設定」をクリックします。

net_win10_setting01
[2]設定一覧から「ネットワークとインターネット」をクリックします。 net_win10_setting02
[3]「イーサネット」をクリックします。 net_win10_setting03
[4]「アダプターのオプションを変更する」をクリックします。 net_win10_setting04
[5]ネットワークアイコン上で右クリックします。

サブウィンドウから「プロパティ」をクリックします。

net_win10_setting05
[6]イーサネットのプロパティで「この接続は次の項目を使用します」の「インターネット プロトコルバージョン4」 を選択し、「プロパティ」をクリックします。 net_win10_setting06
[7] 「インターネットプロトコル バージョン4 (TCP/IPv4)のプロパティ」の画面がでますので、「IPアドレスを自動的に取得する(O)」「DNSサーバーのアドレスを自動的に取得する(B)」にチェックがついている事を確認して、画面下の「OK」ボタンをクリックします。 net_win10_setting07
[9]イーサネットのプロパティ画面に戻ります。

以上でTCP/IPの確認は終了ですので、全て閉じて、完了となります。

net_win10_setting08

正常に接続ができているかを確認する。

※「IPアドレスを自動的に取得する」設定になっていれば、コンピュータは起動する際にインターネット接続に必要となる番号(IPアドレス)が当社(DHCPサーバー)から割り当てられ、以降インターネット上のさまざまなサービスを受ける事ができるようになります。この番号(IPアドレス)がきちんと取得できているか確認する為には

  1.  ”イーサネット接続の状態”の画面から「ネットワーク接続の詳細」にて確認する
  2.  コマンドプロンプトより確認コマンドの ipconfig を利用し確認する

がありますので、いずれかの方法で動作の確認を行います。

”ローカルエリア接続の状態”の画面から「ネットワーク接続の詳細」にて確認する方法

[1]画面左下の「スタートボタン」をクリックし、

「設定」をクリックします。

net_win10_setting09
[2]設定一覧から「ネットワークとインターネット」をクリックします。 net_win10_setting10
[3]「イーサネット」をクリックします。 net_win10_setting11
[4]「アダプターのオプションを変更する」をクリックします。 net_win10_setting12
[5]ネットワークアイコン上で右クリックします。

サブウィンドウから「プロパティ」をクリックします。

net_win10_setting13
[6]”イーサネットの状態”の画面がでたら、
画面中央の「詳細」ボタンをクリックします。
net_win10_setting14
[7]「IPv4アドレス」と書かれた項目の値を確認します。IPアドレス の数字が

211.XXX.XXX.XXX

(当社よりIPアドレスが取得できており、正常な状態です。)

192.168.XXX.XXX

(ルータ等のネットワーク機器を利用している場合は正常な状態です。ただしモデムと直接接続している場合は、IPアドレスが固定になっている可能性がありますので、ネットワークの設定を確認して下さい。)

169.XXX.XXX.XXX

(ネットワークを正常に認識していません。

LANケーブルの抜き差し、モデムやルータ等のネットワーク機器の電源を入れ直しを行って下さい。)

0.0.0.0

(ネットワークを正常に認識していません。LANケーブルの抜き差し、モデムやルータ等のネットワーク機器の電源を入れ直して下さい。)

上記以外の番号でインターネットが接続できない場合は、ネットワークの設定を確認した上で、LANケーブルの抜き差し、モデムやルータ等のネットワーク機器の電源を入れ直しを行って下さい。

net_win10_setting15