サーバーメンテナンス後に確認されている事象について

平素はCTBインターネットサービスをご利用頂き有難うございます。

2016年12年14日(水)に実施したサーバーメンテナンス以降、
一部で確認されている事象について、ご報告させていただきます。

  1. メンテナンス以降、同じメールが重複されて受信される事象について
    サーバー入替えのため、メールソフトにて「サーバーにメッセージのコピーを置く」設定を有効にしている場合、メールソフトによっては、メンテナンス以前に受信したメールを再度受信してしまう場合がございます。
  2. メンテナンス以降、メール送受信でエラーになる事象について
    メールアドレスのアカウント設定で、
    「受信メールサーバー名」、「送信メールサーバー名」をご確認下さい。
    通常であれば、正しいサーバー名は下記のとおりです。
    受信メールサーバー: pop.ctb.ne.jp
    送信メールサーバー: smtp.ctb.ne.jp
    ※他インターネット回線経由の設定をしている場合は
    mail.ctb.ne.jp になります。
    尚、ctbsrv.ctb.ne.jp については旧サーバーになるため、現在はご利用する事ができません。設定方法の詳細について弊社設定方法のページをご参考下さい。 <http://www.ctb.ne.jp/internet/setup>
    またサーバーの設定を変更した際、メールソフトにて「サーバーにメッセージのコピーを置く」設定を有効にしている場合、メールソフトによっては、以前に受信したメールを再度受信してしまう場合がございます。
  3. 「SPAM Report」のメールについて
    2016/12/15 2:00から3:00にかけて配信しました迷惑メール隔離通知のレポートメールにつきまして、
    本来宛先が「”CTBメールセキュリティサービス” <block-report@t-ctb.co.jp>」、
    件名が「CTB迷惑メール隔離レポート」であるはずのメールが、
    差出人と宛先が同じメールアドレスで、
    件名が「SPAM Report」と誤って配信されておりました。

上記事象の発生により、ご迷惑をおかけしており、大変申し訳ございません。
以上、よろしくお願い申し上げます。